EARTH, WIND & FIRE MEMBERS ARE......

Maurice White, ,Philip Bailey、 Verdine White,
Ralph Johnson,Seldon Reynolds, Robert Brookins,
David Whitworth, Larry Dunn, Roland Bautisuta,
Ronnie Laws, Al Mckay, Johnny Graham, Andrew Woolfolk,
Jessica Gleaves, Sherry Scott,Fred White,
Louis Satterfield, Don Myrick, Sonny Emory,
Rahmlee Michael Davies, Freddie Ravel, David Romeo,      Paul Minor, Morris Plesure, Mike McKnight,
Gordon Campbell, Ray Brown, Gary Bias,ReggieYoung,    John Paris, Myron McKinley, Bobby Gonzales,
Greg Moore, Vadim Zilberstein, Bobby Burns Jr,
  Wade Flemons, Krystal Bailey, Kimberly Johnson,
    Don Whitehead, Michael Beal, Leslie Dayton,
Alex Thomas, Chester Washington, Yakov Ben Israel,
  Michael Harris, Elmar Brown,Daniel de los Reyes,
   Devoted Spirits, Urban Knights, Audio Cavia、
        The Salty Peppers

    EWFやメンバーたちの活動について紹介!
      

2020年05月11日

With Earth, Wind & Fire

With Earth, Wind & Fire


過去3回の最高の時間。
Earth, Wind & Fireメンバーと撮影してもらった写真を繋いで短い動画に致しました。



BGMに勝手に使用させていただいたのは、”Let Me Love You"

下の”Illumination ”コレクターズCDにボーナストラックとして収録されている曲。
本当に、この歌好きなんです。




アース・ウィンド&ファイヤーが好き!インデックスへ。
posted by Kaolu E at 14:49| Comment(0) | Kaolu's Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月13日

One World

One World (1990) from album "Music Speaks Louder Than Words)




全世界が新型コロナウイルスの脅威にさらされ戦っている。
距離をとることが強いられる今。

心の距離はより近くして、全世界1つになって戦いましょう!

Earth,Wind & Fireの1990年の楽曲ですが・・・
この曲を聴いていると力付けられると思いません?

今回は歌詞を引用させて頂きますね。


One World
(P P Oland, F Previte, S Manukion, M Targo)

Someone like you, someone like me
Dreaming a dream of what could be
Do we believe ? We'll maybe we do
It all comes down to me and you
No matter who we are …there's only

One world
One love to share
I've seen it in your eyes
I see it everywhere
We're not alone
We all share a home
In one world

We speak in different words
We live our separate lives
Yet every morning
We watch the same sun rise

Produced by Maurice White
Associate Producer / Bill Meyers

Lead Vocals / Maurice White & Philip Bailey
Keyboads and Synthesizers / Bill Meyers
Percussion / Maurice White
Guitar / Sheldon Reynolds
Saxphone / Gary Bias
Trumpet / Ray Brown
Trumpet / Michael Stewart
Trombone / Reggie Young
Backgruond Vocals / Maurice White, Philip Bailey, Sheldon Reynolds


この曲は下記の特別編集アルバムにも収録されています。





アース・ウィンド&ファイヤーが好き!インデックスへ。
posted by Kaolu E at 18:42| Comment(0) | Kaolu's Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月29日

INDEX OF EWF

INDEX OF EWF

● オリジナルアルバム

★ 70年代EWFオリジナルアルバム

★ 80年代EWFオリジナルアルバム

★ 90年代EWFオリジナルアルバム

★ 2000年代EWFオリジナルアルバム
★ 2010年代EWFオリジナルアルバム 

● PESONALS OF EWF ORIGINAL ALBUM


● RARE TRUCKS OF EWF

★ Handwritting On The Wall (1974)

★ The Eternal Dance (1998)

★ Pure Gold (Acoustic Suite)(2004)

★  Let Me Love You (2004)

★ Chicago & Earth, Wind & Fire - You  (2009)
★ The Universe of Earth, Wind & Fire (2011)



● LIVE ALUBUM OF EARTH,WIND&FIRE


★ Live In Velfarre (1988)

★ LIVE IN RIO (2006)

★ Live in Tokyo(2007)

★ RAISE!(Reissue)(2011)



● REMIX OF EARTH,WIND&FIRE

Babel(2006)

★ Wicked Jazz Sounds 5 (2008)

Robert Brookins' Earth, Wind & Fire Remix


● Singles Of EWF

★ Dance Dance Dance (1983)

★ Writing On The Wall(1987)

★ BLOOD BROTHERS(1993)

REMIX2000(1999)

★ Get Your Hump On This Christmas (feat. Cleveland Brown) (2009)

● アース ウィンド&ファイヤー参加アルバム

★ SUN GODESS / Ramsey Lewis (1974)

★ SALONGO / Ransey Lewis(1976)

★ Rejoice / Emotions (1977)

★ Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (1978)
★ Routes/ Ramsey Lewis (1980)

★ Music Speaks Louder Than Words(1990)
★ Sinbad's 1st Annual Summer Jam (1996)
THE PJS(1999)

★ THE ECLEFTIC/Wyclef Jean(2000)

★ Undercover Brother(2002)

★ The Adventures of Pluto Nash (2002)
(DVD)
★ POWER OF SOUL〜A Tribute to Jimi Hendrix (2004)
★ Unity: The Official Athens 2004 Olympic Games Album (2004)
★ At Last...The Duets Album/Kenny G (2004)
★ Sounds Of The Season (2005)

★ Hitch(2005)

★ LOVE SONGS / CHICAGO (2005)

★ The Magic Of David Foster & Friends The Magic Of David Foster & Friends (2011)
★ JAY’EDISCO /JAY'ED (2013)

★ I Feel The Light /Little Glee Monster featuring Earth,Wind & Fire (2019)



● EWF複数メンバー参加作品

★ AWAKENING / The Pharaohs(1972)
★ This Is Niecy / Deniece Williams (1976)
★ In A Special Way / Gane Harris (1976)

★ Tequila Mockingbird /Ramsey Lewis (1977)
Coming Through / Eddie Henderson(1977)
★ Take It On Up / Pockets (1977)
Just A Stone's Throw Away / Valerie Carter (1977)
★ Come Go With Us / Pockets (1977)

★ Love Island/ Deodato(1978)

★ Bad For Me/ Dee Dee Bridgewater(1979)
★ Come Into Our World / The Emotions (1979)
★ Splendor(1979)

★ The Hawkins Family / Walter Hawkins(1980)
★ MATINEE/AFTERBACH(1981)
★ Tender Togetherness /Stanley Turrentine (1981)
★ Face Value /Phil Collins (1981)

★ New Affair / The Emotions (1981)

★ Feel My Soul/ Jennifer Holliday (1983)

CONTINUATION /Philip Bailey(1983)

★  Daydream Coast / 河合奈保子 (1984)

★ Chinese Wall / Philip Bailey(1984)

★ I Won't Break Your Heart / 岩崎宏美 (1984)
★ Truly For You / Temptations(1984)

★ Rapture /Anita Baker(1986)

★ ADVENTURE/ELEANOR ACADEMIA (1987)
★ 3 / Stanley Clarke & George Duke (1989)
★ Barbara Weathers/Barbara Weathers(1990)
★ All In the Name of Love/ Atlantic Starr (1990)
★ Hello, I Must Be Going! / Phill Collins (1990)
★ No Jacket Required/Phil Collins (1990)
The Colour Of Truth /Bill Meyers  (1990)
★ Something Special / David Williams (1991)
★ Just Between Us /Norman Brown (1992)
★ In The Storm / El Debarge (1992)

★ LOVER'S SILHOUETTE / Larry Dunn Orchestra (1992)
★ LOVER'S SILHOUETTE / Larry Dunn Orchestra (1992)
★ Here It Is /Jevetta Steele (1993)

★ WHEN SUMMER COMES / George Howard (1993)
★ Gatchaman (1994)

★ Anything But Ordinary/ Patrice Rushen (1994)
★ Common Ground / Evertte Harp(1994)
★ Philip Bailey / Philip Bailey (1994)

★ URBAN KNIGHTS (1995)

★ Frontier/ 小比類巻かほる(1995)

★ OH OH OH~We are the Winners~ / 酒井法子 (1995)
★ All Things In Time/Bill Meyers(1996)

★ KAITA (1996)

★ 夜明けのプラザスイート / Kaita (1996)
★ Better Days Ahead / Norman Brown (1996)
★ Brothers / Take6 (1996)

Da'Mix / Robert Brookins (1996)

★ The Best Of Blue Magic (1996)

★ LUCKY GIRL/三井桜子(1997)

★ URBAN KNIGHTS? (1997)

SOS BATSU/大事MANブラザーズバンド (1997)
★ Sol To Soul / Freddie Ravel (1999)

★ Dreams / Philip Bailey (1999)

★ COOL / GEORGE DUKE (2000)

★ undercover / Paul Taylor(2000)

★ The Day / Babyface(2001)

★ LOVE ME ALL OVER / J-Friends (2002)

★ Soul On Jazz / Philip Bailey (2002)

★ Transoceanic / Audio Caviar (2002)

Yourself...Myself(2003)

★ Into My Soul/ Kirk Whalum (2003)

★ Elements of Pleasure / Mo Pleasure (2004)
★ A Tribute to Earth Wind and Fire /Devoted Spirits(2005)
★ Have Fun /No Jazz(2005)

★ Intimacy / Rahmlee(2005)

★ Every Generation / Ronnie Laws (2005)
★ Shine / Bonny James(2006)

★ WE ARE FAMILY/ PAT BOONE(2006)
★ If Only / Howard Hewett (2007)

★ Always You / James Ingram (2007)

★ The Answer/ Devoted Spirits (2007)

★ Bringing Back The Funk / Brian Culbertson(2008)
Christmas/ Howard Hewett (2008)

★ Love Is Real / Philip Bailey(2010)

★ In The Name Of Luv / Tom Glide & The Luv All Stars (2010)
★ Hitman Returns / David Foster (2011)

★ Feel Good / Sheldon Reynolds Project (2011)
★ N2 The Journey / Larry Dunn Orchestra (2012)

★ Revernge / Nathan East (2017)

★ I Feel The Light  / Little Glee Monster featuring Earth,Wind & Fire (2019)


● COLLECTION

★ Ultimate Earth, Wind & Fire (2008)





アース・ウィンド&ファイヤーが好き!インデックスへ。

@
posted by Kaolu E at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | INDEX OF EWF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月28日

EARTH,WIND&FIREアルバム紹介’2010〜2020

EARTH,WIND&FIRE
2010年以降にリリースしたオリジナルアルバムをご紹介!

★ Now Then & Forever 2013

Now Then & Forever
Now Then & Forever

待ちに待ったEWFの新作にはMaurice Whiteは参加せず。
Philip Baileyの色が強くなったアルバム。
やはり、ムードは変わりますわよね。
だけど、やっぱりかっこいいわぁ・・・
わたくしDance Floorがめっちゃ好きなの!


★ Holiday 2014

Holiday
Holiday

EWFキャリア初のクリスマスアルバム。
スタンダードなクリスマスソングをEWFっぽくアレンジして素敵に聴かせてくれます。
”雪やこんこん”が登場したのには驚いたわぁ・・・
”Winter Wonderland"はオリジナルをかなり変化させたダンサブルな曲!
シーズンが終わってもLISTENしております。

The Classic Christmas Album(2015)

Holidayにレアな5曲を追加したアルバムです。

Electric Universe (Expanded Edition) (2015)

オリジナルの倍のコンテンツ!
始めて耳にする曲が3曲も追加されています。


★ 

アース・ウィンド&ファイヤーが好き!インデックスへ。

posted by Kaolu E at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | EARTH,WIND&FIREアルバム紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

EARTH,WIND&FIREアルバム紹介’90

★ Heritage1990

ヘリテッジ
Rapを取り入れた思わず体が動いてしまう1枚!
HammerやSly Stoneをゲストに今までのEWFサウンドとは少し違う感じ。”For The Love Of You""Wanna Be The Man"などのシングル曲を収録。


★ Millennium 1993

千年伝説

前作とはまたがらりと変わったEWFぽい音。
”Super Hiro"ではPrinceが参加。
わくわくするコラボだと思いません?


★ In The Name Of Love1997

In the Name of Love

1996年に日本のavexから発売されたアルバム”AVATAR"のインターナショナル版。
アヴェタ

曲順、曲数も違う上にそれぞれに収録していないトラックがあります。”When Love Goes Wrong"は”Avatar"には収録されていない”After The Love Has Gone"を彷彿とさせる美しいバラード。
一方”Avatar"の方には、”Change Your Mind"と”Take You To Heaven"の2曲がこのアルバムのみ。
”Love Is Life"はEWFのデビューアルバム”EARTH, WIND &FIRE"に収録されていた曲のリレコーディングです。
新生EWFを意識してあえてデビューアルバムの曲を選んだのではと俺は思っています。

このアルバムでSheldon ReynoldsがEWFのアルバムでは初めて何曲かリードボーカルを勤めています。


アース・ウィンド&ファイヤーが好き!インデックスへ。

PERSONALS OF EWF ORIGINAL ALBUM

PERSONALS OF EWF ORIGINAL ALBUM






Earth Wind & Fire (1971)

The Need Of Love (1971)

Last Days And Time (1972)

Head To The Sky (1973)

Open Our Eyes (1974)

That's The Way Of The World  (1975)

Gratitude (1975)

Spirit (1976)

All 'N All (1977)

The Best Of EW&F Vol.1 (1978)

I Am (1979)

Faces(1980)

Raise! (1981)

Powerlight (1983)

Electric Universe (1983)

Touch The World (1987)

The Best Of EW&F Vol.2 (1988)

Heritage(1990)

Millennium(1993)

Avatar  (1996)

In The Name Of Love(1997)

The Promise (2003)

Illumination (2005)

Now Then & Forever (2013)

The Classic Christmas Album(2015)



※アルバムタイトルにリンクがないものは、まだメンバー紹介記事を書いておりません。
すまんです。



VISIT EWF AMAZON STORE !(JAPAN)


アース・ウィンド&ファイヤーが好き!インデックスへ。

EARTH,WIND&FIRE アルバム紹介'2000〜2009

★ THE PROMISE 2003



7年ぶりの新作アルバム!
どんなに待ち焦がれていたことか・・・

日本版はオリジナル版より2曲多い19曲収録。(コピーコントロールCD)
シングルカットされた”All In The Way"はLead VocalをMauriceとEmotionsのWanda Vaughnが担当。この声のコラボレーションは嬉しい!

EWFにしては珍しいラテン全開のノリノリTUNE!"Never”は特に夏に最高のBackground Music!
バラードの名曲”Hold Me"や”Betcha'"はとろけそうです。

そして更に嬉しいのは”Suppose You Like Me"

Horn ArrangeにはJerry Heyの名前。
Philip Baileyがリードボーカルなんだけど、Background Vocals
が・・・
Robert Brookins,Fred White、David Whitworth
             という新旧おりまぜたすごいメンバーexclamation×2

特にRobert や Davidはライブでこそ、シンガーの1人として活躍していたけど、アルバムのVocalで名前が出てくることはほとんどないから貴重なトラック。

それにしても、このアルバムの中でやたら名前が登場するGregory Curtisという人が気になります。


★ ILLUMINATION 2005



もとはPhilip Baileyのアルバム用に企画されていたという豪華アーティストとのコラボアルバム。

EWFのアルバムでは初めてであろう。Mauriceのプロデュース曲がない・・・しかしご機嫌な曲ばかり。

参加アーティストはWill I Am, Raphael Saadiq, Kelly Rowlad,
Floetry,Brain McKnight,Kenny Gなどなど・・・・・・

この後の来日公演では彼らにしては珍しく新曲のオンパレードだったもんなぁ。

Pure Gold"は非常にメッセージ色の強い歌だし、
Love's Dance"や
This Is How I Feel"は思わず踊りたくなる。

Brian McKnightとMauriceが歌う”To You"は
Love's Holiday"のオマージュ。美しい旋律とハーモニーが絡み合う。

Kenny G との”The Way You Move"もオリジナル曲とは全然違う歌といっていいほど違った素敵な仕上がり。

とにかく豪華でマストなアルバムです!PEACE!手(チョキ)

アース・ウィンド&ファイヤーが好き!インデックスへ。

feat. Philip Bailey

INDEX OF PHILIP BAILEY

ORIGINAL SOLO ALUBUM


ALUBUM FEAT. PHILIP BAILEY

★ 
Yesterday's Dreams/Alphonso Johnson(1976)

★ In A Special Way / Gane Harris (1976)

Coming Through / Eddie Henderson(1977)

★ Splendor(1979)

★ The Hawkins Family / Walter Hawkins(1980)

★ Routes/ Ramsey Lewis (1980)

★ I'm So Proud / Deniece Williams (1984)

★ The Goonies(1985)

★ In Square Circle/Stevie Wonder(1985)

★ Vox Humana/Kenny Loggins(1985)

★ NONSTOP/ JULIO IGLESIAS(1988)

★ As Good as It Gets/Deniece Williams(1988)

A LADY WITH A SONG/Nancy Wilson (1989 )

★ 3 / Stanley Clarke & George Duke (1989)

★ Twins (Single)/ Philip Baily & Little Richard (1989)

★ Adventures In The Land Of Big Beats And Happy Feets(1989)
★ Never Too Far/ Dianne Reeves(1990)

★ KISS ME WITH THE WIND / Brenda Russele (1990)

★ TATSURO SONGS FROM L.A. (1990、1991)

★ Holding On To Jesus'Hand
 King Baptist ChurchMass Choir(1990)

★ Mid-Summer Blossoms (1991)

★ Fourplay/Fourplay(1991)

★ BREAKDOWN / Paulinho Da Costa (1991)

★ Pride Of Lions/ Bailey, Childs ,Hargroves, Watson, Wiiliams (1992)

★ SNAPSHOT / GEORGE DUKE (1992)

★ Dear,Friends/Abraham Laboriel(1993)

★ Between the Sheets/Fourplay (1993)

All Of You /Annri(1994)

★ Doll/Keiko Matsui(1994)

★ A Love Supreme/Chante Moore(1994)

★ Anything But Ordinary/ Patrice Rushen (1994)

★ from the heart/ DARYLE CHINN (1996)

★ The Best Of Blue Magic (1996)

★ INNER CITY BLUES / DOC POWELL(1996)

★ Keys to Your Heart /Joe McBride (1996)

★ Soul Control/ Gerald Veasley(1997)

★ COOL / GEORGE DUKE (2000)

★ Gospel Millennium Christmas(2000)

★ Classic Masters/ T-Conection(2002)

★ ~breeze presents AOR collection~Happy People /Paulinho DA Costa(2002)

★ Transoceanic / Audio Caviar (2002)

LOVE ME ALL OVER / J-Friends (2002)

★ Spiritually Speaking (then and now)/ Blaze (2003)

★ Evening Of Fourplay/Foruplay (2004)

★ LOVE SONGS / CHICAGO (2005)

★ Love,Niecy Style /Deniece William(2007)

★ THE OPTIMIST/STAN HARRISON (2007)

★ SAX FOR STAX / Gerald Albright (2008)

★ The Lady Killer/ Ceelo Green(2010)

★ WONDERLAND - THE SPIRIT OF EARTH WIND & FIRE (2012)

★ SHINING STAR ~Braving the Elements of EARTH, WIND & FIRE~(2014)

★ Good News About Ya(2015)


★ Revernge / Nathan East (2017)


★ I Feel The Light  / Little Glee Monster featuring Earth,Wind & Fire (2019)

Vox HumanaHolding on to Jesus' Handゴスペル・ミレニアム -クリスマス






アース・ウィンド&ファイヤーが好き!インデックスへ。










posted by Kaolu E at 04:29| Comment(5) | TrackBack(0) | ↑INDEX OF PHILIP BAILEY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

EARTH,WIND&FIREアルバム紹介’80

80年代に発表されたアルバムを・・・・・・


★ Faces1980

Faces

初の2枚組アルバム・・・全15曲。
”Let Me Talk"がシングルカットされたが、今で程のヒットではなく
・・・しかし俺はどれも素晴らしい曲だと思いますけどね・・・
タイトル曲の”Faces"は日本の盆踊りのようなモチーフがイントロを飾ってRaise!
ちょっと嬉しかったり。大作って感じが致します。

★ Raise!1981



ご存知スーパーヒットの”Let's Groove"を冒頭に始まるアルバム!
その後のLIVEでのエッセンス曲”Kalimba Tree"や”Wanna Be With You"を収録しています。当時の先端の音とHORNを融合させた見事な出来のアルバムです!

★ Powerlight1983

エレクトリック・ユニヴァース

”Fall In Love With Me"好きなんだなぁ〜。”Side By Side"もいいし、Miracles"も最高!
スピード感と落ち着きが同時に得られるエクスタシーな1枚。

★ Electric Universe1983

エレクトリック・ユニヴァース
実は日本のEWFファンの中ではあまり評判のいいアルバムではないのかもしれないけれど俺は大好き!より新しい音へというMauriceのイメージが過去のEWFファンの期待するものと多少相違していたからで質にはなんら問題はない!と俺は思っている。
今までにないELCTRICな曲調だけれどMauriceの声はそれにもしっかり同調している。
未来を感じさせただろうこのアルバム。美しいよ、絶対に。


★ Touch The World1987

タッチ・ザ・ワールド

このアルバムをつい買ってしまったがために落ちてしまった。
EWF CRAZYへのブラックホール。
俺が一番好きなアルバムです!
当時6年ぶりの新作。この10曲の全てがシュープリームな大人のための現代社会へのメッセージです。”System Of Survival"”Thinking Of You"”Evil Roy"を収録。
シングルカットはされていないけれど、4曲目の”You And I")は痺れます。Philipの声が全ての恋を知る人々をとろけさせる。
なぜかあんまり有名ではないけれど愛のSLOW TUNEの名曲!です!

★ The Best Of EW&F Vol.2 1988

ザ・ベスト・オブ・EW&F(2)

2枚目のベストアルバム。
今回は映画サントラである”Turn On"がアルバム未収録曲として登場。しかし前回は3曲未収録があったから、なんか・・・
”Let's Grrove"”Boggie Wonderland""Fantasy"など前回のベストアルバムに収録されなかったヒットのオンパレード!(といっても全
10曲ですが・・・・・・)


アース・ウィンド&ファイヤーが好き!インデックスへ。
EWFがsitemap.xml