EARTH, WIND & FIRE MEMBERS ARE......

Maurice White, ,Philip Bailey、 Verdine White,
Ralph Johnson,Seldon Reynolds, Robert Brookins,
David Whitworth, Larry Dunn, Roland Bautisuta,
Ronnie Laws, Al Mckay, Johnny Graham, Andrew Woolfolk,
Jessica Gleaves, Sherry Scott,Fred White,
Louis Satterfield, Don Myrick, Sonny Emory,
Rahmlee Michael Davies, Freddie Ravel, David Romeo,      Paul Minor, Morris Plesure, Mike McKnight,
Gordon Campbell, Ray Brown, Gary Bias,ReggieYoung,    John Paris, Myron McKinley, Bobby Gonzales,
Greg Moore, Vadim Zilberstein, Bobby Burns Jr,
  Wade Flemons, Krystal Bailey, Kimberly Johnson,
    Don Whitehead, Michael Beal, Leslie Dayton,
Alex Thomas, Chester Washington, Yakov Ben Israel,
  Michael Harris, Elmar Brown,Daniel de los Reyes,
   Devoted Spirits, Urban Knights, Audio Cavia、
        The Salty Peppers

    EWFやメンバーたちの活動について紹介!
      

2014年06月28日

Chinese Wall

Chinese Wall / Philip Bailey(1984)

Chinese Wall
Chinese Wall

このアルバムの中の”Go"ってRalph Johnsonがソングライティングに参加していたんですね!
今回改めでこのアルバムの詳細を紹介する際にクレジットを見直して驚きました。

わたくしとしたことが、Philip Bailey様のソロアルバムに関して
ちゃんとそれぞれの記事を制作しておりませんでした。

謹んでお詫び致します。

少しずつアップ致しますので。

さてEWFファンではなくても、有名すぎる”Easy Lover"をフューチャーした
大ヒットアルバムがこちら!
アルバムタイトルはジャケットに写真がある万里の長城のことですね。
Phil Collinsプロデュースにより制作された、このアルバム。

後にEarth,Wind & Fireを離れて彼と一緒に行動することになる
The Phenix Hornsもホーンとバックヴォーカルで参加しています。
※わたくしの大好きなPaulinho Da Costaも参加しているしね。

Philip Baileyの美しいファルセットの魅力を存分に引き出したスローなバラードと
アップテンポなダンサブルな楽曲のラインアップは見事!

このアルバム(そしてPhilip Baileyのソロとしては)最大のヒット曲、
”Easy Lover"は
Billboard Hot 100で2位に輝き、ビルボードのR&B/ヒップホップ・シングル・チャートでは3位、
メインストリーム・ロック・チャートでは5位、アダルト・コンテンポラリー・チャートでは15位を記録。
さらに1985年3月にはRIAAによってゴールドディスクに認定されております。



久しぶりにCD棚から引っ張り出して聴いてみませんか?

1. Photogenic Memory
(Jerry Knight,Davitt Sigerson Clark)
2. I Go Crazy
(Marti Sharron, Glen Ballard, Philip Bailey)
3. Walking On The Chinese Wall
(Roxanne Seeman, Marcy Levy, Billlie Hughes)
4. For Every Heart That's Been Broken
( Glen Ballard, Clif Magness)
5. Go
( Ralph Johnson, Marcel East)
6. Easy Lover Duet with Phil Collins
(Philip Bailey, Pill Collins, Nathan East)
7. Show You The Way To Love
(Philip Bailey, Marti Sharron, Glen Ballard)
8. Time Is A Woman
(Barry Blue, Robin Smith, Juliann Littman)
9. Woman
(Marti Sharron, Gary Skardina, Stephen Michell)
10. Children Of The Ghetto
(Chris Amoo, Eddy Amoo)

featuring The Phenix Horns
Backing Vocals on 3,7,8
Sax solo by Don Myrick on 5
Trumpet solo by Michel Harris on 9
also featuring Louis Satterfield


アース・ウィンド&ファイヤーが好き!インデックスへ。
posted by Kaolu E at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | PHILIP BAILEY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月07日

LOVER'S SILHOUETTE

LOVER'S SILHOUETTE / Larry Dunn Orchestra

AFIRI]51KOjWFm5tL__SL500_AA280_.jpg
Lover's Silhouette
Lover's Silhouette

以前Earth,Wind & Fireのキーボーディストで活躍したRarry Dunn

彼のソロアルバムも、とっても聴きごたえがあります!

インストルメンタルを主としながらも、時々フューチャーされるヴォーカル曲は
訊きごたえマックス!

ラリーらしいバライエティー豊かなアルバムですわよ。

@ Lover's Silhouette
A 2000-Sky 5 (feat. Ronnie Laws)
B Don't It Make You Wanna Cry
C Italian Lady
D Where's The Love
E Heaven Sent (Michael's Song)
F Betwenn 7 and Earth
G Pure Faith (Guitar Interlude) [feat. Phil Upchurch]
H Maybe In My Dreams
I Jahop
J Enchanted


アルバムのリフレットには参加メンバーの詳細はなかったので、
どの曲に誰が?というのは分からないんですけれど、
Earth,Wind & Fireメンバーも結構参加しているわよ!

Al McKay/ Gutitar
Ronnie Laws/ Saxphones
Ralph Johnson/ Drums
Luis Satterfield, Don Myrick, Micheal Harris, Luiso,
Elllis Holl, Carl Caewell, Domiq Satterfield / vocals

とジャケットの説明にはあったんだけど、
ホーンのメンバーがヴォーカルに参加しているという情報は
かなり疑問。

耳に心地よいアルバムでございますわ。

アース・ウィンド&ファイヤーが好き!インデックスへ。

posted by Kaolu E at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | LARRY DUNN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
EWFがsitemap.xml

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。