EARTH, WIND & FIRE MEMBERS ARE......

Maurice White, ,Philip Bailey、 Verdine White,
Ralph Johnson,Seldon Reynolds, Robert Brookins,
David Whitworth, Larry Dunn, Roland Bautisuta,
Ronnie Laws, Al Mckay, Johnny Graham, Andrew Woolfolk,
Jessica Gleaves, Sherry Scott,Fred White,
Louis Satterfield, Don Myrick, Sonny Emory,
Rahmlee Michael Davies, Freddie Ravel, David Romeo,      Paul Minor, Morris Plesure, Mike McKnight,
Gordon Campbell, Ray Brown, Gary Bias,ReggieYoung,    John Paris, Myron McKinley, Bobby Gonzales,
Greg Moore, Vadim Zilberstein, Bobby Burns Jr,
  Wade Flemons, Krystal Bailey, Kimberly Johnson,
    Don Whitehead, Michael Beal, Leslie Dayton,
Alex Thomas, Chester Washington, Yakov Ben Israel,
  Michael Harris, Elmar Brown,Daniel de los Reyes,
   Devoted Spirits, Urban Knights, Audio Cavia、
        The Salty Peppers

    EWFやメンバーたちの活動について紹介!
      

2020年01月26日

Love Will Find A Way

Love Will Find A Wayy / Philip Bailey (2019)



Philip Bailey久しぶりのソロアルバム!
2010年にダウンロード販売のみのミニアルバム”Love Is Real"をリリースしましたが、
フルアルバムとしては、17年ぶり。

Philip Bailey,Robert Glasper,Philip D Bailey作の“Sacred Sounds” を除いては、
過去のジャズ名作を豪華なゲストとともにPLAY.
Philip Baileyのjazzyな歌声が堪能できる1枚です!

Earth,Wind & Fireのアルバムももちろんいいけれど・・・
しっとりと楽しめる艶のあるジャズアルバムも必聴ですよ。



1. “Billy Jack” ft. Robert Glasper
2. “You’re Everything” ft. Chick Corea
3. “We’re a Winner” ft. Bilal
4. “Stairway To The Stars” ft. Christian Scott and Christian McBride
5. “Brooklyn Blues”
6. “Once In A Lifetime”
7. “Just To Keep You Satisfied”
8. “Sacred Sounds” ft. Kamasi Washington and Robert Glasper
9. “Long As You’re Living” ft. Christian McBride
10. “Love Will Find A Way” ft. Casey Benjamin





WS000000.JPG

※ なんか、このジャケットデザイン怖くない?(笑)
拡大しないと気が付かなかったけど・・・



アース・ウィンド&ファイヤーが好き!インデックスへ。
posted by Kaolu E at 18:10| Comment(0) | PHILIP BAILEY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Soul On Jazz

Soul On Jazz / Philip Bailey (2002)



Philip Baileyがヘッズアップレコードでリリースした2枚目のジャズアルバム。
キャッチ―だった前作に比べると、よりジャズな領域に深く入りこんでいる気がいたします。

それにしても、本格的なジャズサウンド・・・
特に夜中にLISTENしていると癒される。

Philipがリーダーとして所属するEWF.
このサウンドは、数十年前のワーナーの頃のリズムをベースにしている印象を受けました。

よりスタンダードに、よりイモ―ショナル・・・
素敵な空間を作ってくれる1枚。

6の”Unrestrained”を除いては、他アーティストがかつてリリースしたジャズ界の名作。
それらをPhilip Bailey色に染めて聴かせてくれます。
洋酒好きな方は、このアルバムをBGMにすれば、以前より少し落ち着いた、安心した時間を過ごせそうですよ。

EWFメンバーも参加していますよ。
B David Whitworth・・・Backgrond vocals on 1,2,3,5,6,7,8,11
Myron McKinley・・・Produced on 2,3,6,7,8,
・・・Arranged on 2,3,5,7,8
 ・・・Piano on 23,4,7,8,
Robert Brookins ・・・Background vocals on 6,

1. My Indiscretions (Sir Bailey, Joe Zawinul)
2. Dear Ruby (Ruby, My Dear) (Thelonious Monk, Sally Swisher)
3.Compared to What ( Gene McDaniels)
4. Nature Boy (Eden, Ahbez)
5. Bop-Skip-Doodle ( Sir Bailey, Wayne "Dj Smash")
6. Unrestrained ( Sir Bailey, Myron McKinley )
7. Mercy, Mercy, Mercy ( Johnny "Guitar" Watson, Larry Williams, Joe Zawinul )
8.Keep Your Head to the Sky ( Maurice White)
9. Sometime Ago" 8Chick Corea, Neville Potter )
10. Tell Me a Bedtime Story ( Herbie Hancock, Jean Hancock)
11. On the Red Clay ( Freddie Hubbard, Mark Murphy )















アース・ウィンド&ファイヤーが好き!インデックスへ。
posted by Kaolu E at 17:19| Comment(0) | PHILIP BAILEY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月25日

Dreams

Dreams / Philip Bailey (1999)




Heads Up International Recordsからリリースされたジャズアルバム!
Billboard Top Jazz Albums chartでは43位を記録しました。
あまりジャズには詳しくないわたくしですが・・・
オリジナル曲ばかりなのに、すぐに魂にエコーする心地いいグルーブ。
常に、いつでも聴けるところにおいておきたい名盤です。



Philip Baileyがゲスト参加した大物アーティストが多数参加!
Joe McBride, Everette Harp, Gerald Vesley, Kirk Whalum, George Duke,などなど・・・
そして、われらがEarth,Wind & Fireメンバーも参加!

Morris Pleasure /Produce, Keyboards & Programming
on ,7,8,9

Robert Brookins /Produce, Keyboards & Programming
on ,8,10


1 Waiting for the Rain Eric Huber
2 Moondance Van Morrison
3 Dream Like I Do Eric Huber
4 Something Eric Huber
5 Make It with You David Gates
6 Sail Away Philip Bailey, Eddie del Barrio, Roxanne Seeman, Maurice White
7 The Masquerade Is Over Herbert Magidson, Allie Wrubel
8 Are We Doing Better Now Philip Bailey, Sir Bailey, Robert Brookins
9 Something to Remind You Lyle Mays, Pat Metheny
10 Strength to Love You Philip Bailey, Sir Bailey, Robert Brookins




アース・ウィンド&ファイヤーが好き!インデックスへ。
posted by Kaolu E at 00:27| Comment(1) | PHILIP BAILEY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月24日

Life And Love

Life And Love / Philip Bailey (1998)



IncognitoのJean Paul Mauickがプロデュースに参加したアルバム。
リリースされた当時、わたくしはIncognitoのサウンドにも好きで、 来日公演の際には出かけた経緯もございます。

毎回ライブで盛り上がる”Always There"は元EWFメンバーRonnie Lows作。
さて、シングルで先行発売された”Steppin' Through Time"

インコグニートテイストなのですが、バックはEWFを彷彿させる華やかな演奏。
それまでとは違うPhilip Baileyの新曲にワクワクした記憶があります。
ブリティッシュジャズサウンドとPhilipのコラボは新鮮だった・・・

様々なテイストの楽曲が収録された多様性に富むアルバムですよ。
多様なアプロ―チとメロディーで、素敵な体験をさせてくれる作品。

インコグニート、Jean Paul Mauickとの2曲が、このアルバムのハイライトではあるのですが・・・

わたくし、個人的には2曲目の”Anything Is Possible”がとにかく好き!
恥ずかしながら、数年ぶりに、このアルバムを聴いて・・・

この曲ってPhilip Baileyの曲だったのね!
と思い出しました。

キャッチ―なメロディーは、かつてヒットして誰の耳にもファミリアなスタンダードみたいな印象。
誰もが耳にしたことがあるような幻覚は・・・ この曲のキャッチ―さに由縁するものだし、
多分何度かPhilip Baileyのソロライブに出かけてLISTENして、すぐに体に刻まれたのがリーズンなのかも。

https://youtu.be/Vfh1E7XxFTs

1. How Can I Rely On You (Jean Paul Maunick & Graham Harvey)
2. Anything Is Possible (Alan Glass,,Junior Giscombe)
3. Tonight (Alan Glass, Andrew Kippet,N M Walden)
4. Weightless (Philip Bailey Sir ,Alan Glass)
5. Someway, Somehow (Alan Glass,Andrew Kippet,Sel Dakota Grattude)
6. Down (Philip Bailey Sir ,Alan Glass,Andrew Kippet)
7. Talking To Myself (Philip Bailey Sir ,Alan Glass,Andrew Kippet)
8. Caution To The Wind (Andrew Kippet,Rck Milta )
9. Steppin' Through Time (Jean Paul Maunick & Graham Harvey)
10. Life And Love (Alan Glass, Philip Bailey,Andrew Kippet)
11. Feining For Your Love (Alan Glass, Philip Bailey,Andrew Kippet)
12. All Night Waiting (Alan Glass, Philip Bailey,Andrew Kippet)
13. Bailes' Song (Philip Bailey Howard McCraty)
14. Shower Me With Your Love
15. How Can I Rely On You(Love To Infinity's Soulmaster Radio Mi

※  ボーナストラックの”Shower Me With Your Love”はクレジットが記載されていません。



アース・ウィンド&ファイヤーが好き!インデックスへ。








posted by Kaolu E at 23:32| Comment(2) | PHILIP BAILEY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月22日

The Best Of Philip Bailey 〜 Gospel Collection〜

The Best Of Philip Bailey 〜 Gospel Collection〜 (1991)



Philip Baileyのベストアルバム!
といっても大ヒットした”Easy Lover"は収録されていません。

Word Recordsからリリースされた3枚のゴスペルアルバムの人気曲をカットしたもの。

作者の顔ぶれを見てもお判りになるように、ヒット曲メーカーが多数参加しています。

Earth,Wind & Fireの”Runnin’”、”Fantasy"などを共作したEduardo del Barrio。
”Can't Hide Love”,”Love Music"等の作曲者Skip Scarborough。
さらには、George Dukeまで・・・

一般の中に自然に溶け込むことを可能にした素晴らしいゴスペルアルバムです。

※わたくしは、”Come Before His Presence”が一番好き・・・
このアルバムの中では、一番ゴスペルらしいけれど・・・
この曲を聴くと、心が洗われるような気がします。

1 The Wonders of His Love (Philip Bailey, Eduardo del Barrio, Teri DeSario Purse)
2 He Don't Lie (Skip Scarborough)
3 The Love of God (Rev. Oliver W. Wells)
4 All Soldiers (Keithen Carter, Patrick Leonard)
5 Lonely Broken Hearted People (Philip Bailey, Richard Smallwood, Rev. Oliver W. Wells)
6 Marvelous (Philip Bailey, George Duke)
7 Come Before His Presence (Ingram, Margaurite)
8 I Am Gold (Philip Bailey, Terry McFaddin, Jerry Peters)
9 I Will No Wise Cast You Out (Philip Bailey, Tony Haynes, Skip Scarborough)
10 No Compromise (Philip Bailey, Rev. Oliver W. Wells)
11 Call to War (Philip Bailey, Richard Smallwood, Rev. Oliver W. Wells)
12 The Other Side (Keithen Carter, Patrick Leonard)
13 Thank You (Extended Remix) (Bobby Nunn)


アース・ウィンド&ファイヤーが好き!インデックスへ。
posted by Kaolu E at 23:49| Comment(0) | PHILIP BAILEY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Family Affair

Family Affair / Philip Bailey (1989)




ソロでの通算5枚目、ゴスペルアルバム3枚目。
前作同様、従来のゴスペルイメージとは違うPOPなメロディーとリズム。
美しいファルセットボイスは神々しくて、メッセージを伝えるには適したツールなのだと思います。

”No Compromise”、や”Lonely Broken Hearted People”は信仰がない人々の心にも簡単に届くはず。

曲ごとのパーソナルは公開されていないようですが・・・
Sheldon Reynoldsがギターで参加しているよう。


1 This Is How the Work Gets Done (Charlie Peacock)
2 Family Affair (Philip Bailey, Pamela Phillips-Oland, Monty Seward)
3 No Compromise (Philip Bailey, Rev. Oliver W. Wells)
4 Lonely Broken Hearted People (Philip Bailey, Richard Smallwood, Rev. Oliver W. Wells)
5 Oasis (Philip Bailey, Rev. Oliver W. Wells)
6 Where Can I Go? (Philip Bailey, Rev. Oliver W. Wells)
7 Let's Talk About Jesus (Philip Bailey, Richard Smallwood, Rev. Oliver W. Wells)
8 Love That Lasts (Rev. Oliver W. Wells)
9 Call to War (Philip Bailey, Richard Smallwood, Rev. Oliver W. Wells)
10 Lord You Reign (Philip Bailey, Richard Smallwood, Rev. Oliver W. Wells)


アース・ウィンド&ファイヤーが好き!インデックスへ。

posted by Kaolu E at 23:19| Comment(0) | PHILIP BAILEY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月03日

I Feel The Light

I Feel The Light /Little Glee Monster featuring Earth,Wind & Fire (2019)



待ちに待ったCDがリリースされました!
紅白歌合戦にも出場して日本を代表するガールズボーカルグループに成長したLittle Glee Monster。
彼女たちの新曲は、なんとわれらのEarth,Wind & Fire をフューチャー!

前回EWFが来日して武道館でコンサートを行った際に前座を勤めたのが彼女たち。
その際は、わたくしは、その存在を存じ上げなくて・・・
名曲”Septenmber"を一緒に歌うなんてサプライズも・・・

その際のパフォーマンスで、わたくしが撮影したのが、この動画・・・



※動画撮影OKだったので、不正に撮影したわけではありません。

わたくしのユーチューブチャンネルのコメントはリトグリFANの方ばかり・・・
めちゃくちゃ人気の実力派グループなんですね!

そんな彼女たちの新曲はEWFをフューチャー。

EWFメンバーの多くが日本のアーティストとコラボしている実績がございますが・・・
Maurice Whiteは、三井桜子、kaito,酒井法子、ドリカム
Philip Baileyは杏里、J-frends
Ralph Jonsonは岩崎宏美、
なんて感じで・・・

でも、EWFグループ全体をフューチャーしてリリースというのは過去にほとんど例がありません。

CDとDVDセットで、残念ながら、日本でしか発売されていないみたい。
EWFをフューチャーした新曲は日本の作家の作品ながらも、

グルーブはEWF!
めっちゃかっこいいです!

Philip Baileyのソロも用意されている上に、彼女たちのメロディーラインにPhilipのコーラスが重なるの。
タイトルの”I Feel The Light"のサビ。

Theの部分が、どうしても英語音節では余ってしまうのが、気になってしまうのですが・・・
※ここは、そもそも、もっと考えて欲しかった・・・

聴くたびに、魅力を感じる素敵なサウンドですわ!
前回、このブログで紹介した際には、PVの全てを鑑賞出来ていなかったので・・・

どれ位のEWFメンバーが参加しているの?
そこが気になっていたのですが・・・
ジャケットに表記がありました。

Lyrics Philip Bailey
Produced by Philip Bailey
Vocal Direction Valerie Bailey
Horn Arrengement Ray Brown
Bass Verdine White
Gutiars Masa Kohama
Drums John Paris
Trumpets Rashwn Ross, Will Artope,
Alto Tenor Sax Gary Bias
Trombone Reggie Young

動画でJohn Parisさんの参加は確認出来ていたのですが・・・
わたくしの大好きなGary BiasやReggie Youngも・・・
EWFっぽいファンキーでラッキーなサウンドに仕上がるはずですね!

こちらの商品はDVDも付属。
Little Glee Monster が Earth,Wind & Fireと共演したPVはもちろん、
彼女たちが、この奇跡のプロジェクトに参加した感想なども述べております。
CDカップリング曲はシングルでも全然大ヒットしそうなクリスマスソング。

濃厚な1枚ですわよ!

1 I Feel The Light /Little Glee Monster featuring Earth,Wind & Fire
2 愛しさにリボンをかけて
3 You've Got A Friend
4 Monster Groove Medley
5 You Don't Know Nothing




アース・ウィンド&ファイヤーが好き!インデックスへ。
posted by Kaolu E at 18:28| Comment(3) | EWFメンバー参加アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
EWFがsitemap.xml