EARTH, WIND & FIRE MEMBERS ARE......

Maurice White, ,Philip Bailey、 Verdine White,
Ralph Johnson,Seldon Reynolds, Robert Brookins,
David Whitworth, Larry Dunn, Roland Bautisuta,
Ronnie Laws, Al Mckay, Johnny Graham, Andrew Woolfolk,
Jessica Gleaves, Sherry Scott,Fred White,
Louis Satterfield, Don Myrick, Sonny Emory,
Rahmlee Michael Davies, Freddie Ravel, David Romeo,      Paul Minor, Morris Plesure, Mike McKnight,
Gordon Campbell, Ray Brown, Gary Bias,ReggieYoung,    John Paris, Myron McKinley, Bobby Gonzales,
Greg Moore, Vadim Zilberstein, Bobby Burns Jr,
  Wade Flemons, Krystal Bailey, Kimberly Johnson,
    Don Whitehead, Michael Beal, Leslie Dayton,
Alex Thomas, Chester Washington, Yakov Ben Israel,
  Michael Harris, Elmar Brown,Daniel de los Reyes,
   Devoted Spirits, Urban Knights, Audio Cavia、
        The Salty Peppers

    EWFやメンバーたちの活動について紹介!
      

2008年08月24日

Here It Is

Here It Is /Jevetta Steele (1993)



帰省のため金沢へ向かう長い車の道のりの途中で何回か聴いたアルバムがこれ。
アップテンポの曲、スローな曲がいい配合で収録されていてドライブのBGMには最適なんだ!
どれもキャッチーな覚えやすいメロディーで高速を走っていて多少聴き辛くても、すんなり耳に届いてくる。

Jevetta Steeleの3枚目のアルバム。
彼女は映画の主題歌なんかにも参加しやことがあって、”バグダット・カフェ”の主題歌”Calling You"はアカデミー主題歌賞にノミネートされている。

あまりにも有名なこの歌・・・よく耳にはするけど、彼女の歌で、しかも映画主題歌だとは知らんかったよ。
で、その”Calling You"も収録されているこのアルバム。


タイトル曲の”Here It Is ”・・・これがわれらがMaurice WhiteBill Meyersのプロデュース!

作詞作曲は違うアーティストの手によるものだが、アレンジをこの2人が担当している。

POPなサウンドは彼らのアレンジらしい!
なんとなくEWFっぽく聞こえるのもこのコンビならではだよね。

演奏にも2人は参加。
Maurice White / Percussion
Bill Meyers / Keyboards, Synthesizers ,Drums

とっても聴きやすいアルバムです!

1. All in Time
2. Hold Me
3. Where Do We Go from Here
4. Good Foot
5. Calling You
6. Love Is a Losing Game
7. Here It Is
8. Baby Are You
9. If You Want My Lovin'
10. Open Book


こんなアルバムを聴きながらなんとか金沢に辿り着いた。
ずっと車の中にいたから腰が痛い・・・






  アース・ウィンド&ファイヤーが好き!インデックスへ。

posted by Kaolu E at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | EWFメンバーソロアルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
EWFがsitemap.xml