EARTH, WIND & FIRE MEMBERS ARE......

Maurice White, ,Philip Bailey、 Verdine White,
Ralph Johnson,Seldon Reynolds, Robert Brookins,
David Whitworth, Larry Dunn, Roland Bautisuta,
Ronnie Laws, Al Mckay, Johnny Graham, Andrew Woolfolk,
Jessica Gleaves, Sherry Scott,Fred White,
Louis Satterfield, Don Myrick, Sonny Emory,
Rahmlee Michael Davies, Freddie Ravel, David Romeo,      Paul Minor, Morris Plesure, Mike McKnight,
Gordon Campbell, Ray Brown, Gary Bias,ReggieYoung,    John Paris, Myron McKinley, Bobby Gonzales,
Greg Moore, Vadim Zilberstein, Bobby Burns Jr,
  Wade Flemons, Krystal Bailey, Kimberly Johnson,
    Don Whitehead, Michael Beal, Leslie Dayton,
Alex Thomas, Chester Washington, Yakov Ben Israel,
  Michael Harris, Elmar Brown,Daniel de los Reyes,
   Devoted Spirits, Urban Knights, Audio Cavia、
        The Salty Peppers

    EWFやメンバーたちの活動について紹介!
      

2009年04月16日

Powerlight

Powerlight (1983)

創世記
創世記

よりエレクトリックな要素を盛り込んだEWFのアルバム!
未来的でもあり神秘的でもある。
しっとりとしたバラードも散りばめられていて多様性に満ちたアルバムとも言えるんじゃないかな。
Maurice Whiteの宇宙的な思想の中にも人間愛が深く感じ取れて、心地よくメッセージを受け取れる作品。

70年代のEWFサウンドが好きな方にとってはこのアルバムの評価はあまり高くないようだけど・・・
俺はやっぱり大好きなアルバムです!
ビルボード最高位12位!とちょっとレコードセールスが落ちてきた時期でもある。

ちなみにシングルカットされた ”Fall in Love with Me
俺はこの歌が大好き!なんだけどLIVEでもほとんど演奏されることがないのは残念だなぁ〜



1. Fall in Love with Me
(M White, W Vaughn)
2. Spread Your Love
(M White, B Taylor, A Lawrence)
3. Side by Side
(M White, W Vaughn, W Vaughn)
4. Straight from the Heart
(P Bailey, E del Bario, F Washington, R Seeman)
5. The Speed of Love
(M White, W Vaughn, W Vaughn, T Haynes)
6. Freedom of Choice
(M White, B Taylor, A Lawrence)
7. Something Special
(M White, W Vaughn, W Vaughn)
8. Hearts to Heart
(M White, B Taylor, A Lawrence)
9. Miracles
(M White, J Lind, E del Bario, F Washington, M D'Astugues)


Produced by Maurice White

Horn Arrangements / Jerry Hey (5,6,7,8)
Horn and Strings Arrangements / Bill Meyers (1,2)
Horn and Strings Arrangements / Tom Tom 84 (3)
Horn and Strings Arrangements / Georege Del Barrio (4,9)

Vocals, Drums, Kalimba / Maurice White
Bass / Verdine White
Vocals, Percussion / Philip Bailey
Piano, Synthesizer / Larry Dunn
Guitar / Roland Bautista
Drums / Ralph Johnson
Saxphones / Andrew Woolfolk
Drums, Percussion / Fred White


Horn Section
Saxphones/ Don Myrick
Trombone/ Louis Satterfield
Trombone/ Bill Reichenbach
Trombone/ Lew McCreary
Trombone/ Charles Loper
Trombone/ Greg Bohanon
Trumpet/ Ramlee Michael Davis
Trumpet/ Michael Harris
Trumpet/ Jerry Hey
Trumpet/ Gary Grant
Trumpet/ Chuck Findley
Trumpet/ Oscar Brashear

Background Vocals/ Beloyd Taylor
Additional Vocals/ Ms Pluto

Guitar/ Beloyd Taylor
Keyboards/ Wayne Vaughn
Profit/ Azar Lawrence
Percussion/ Paulimho da Costa
Keyboards/ Eddie Del Bario
Keyboards/ Rick Kelly
Keyboards/ Georege Del Bario
Keyboards/ Skip Scarborough
Sttel Drums/ Robert Greenidge
Tabla Drums/ Zakir Hussein
Piano/ Maxanne Lewis

Violins/ Assa Drori, David Frisina, Brenton Banks, Myer Bello, Arnold Belnick
Harold Bluestone, Nicole Bush, Ron Clark, Bill Hybel, Karen Jones, Anatol Kaminskey
Georege Kast, Janet Lakatos, Robert Lipsett, Stanley Plummer, Nathan Ross
Bob Sanov, sheldon Sanov, Haim Shtrum, Marshall Sosson, Robert Sushel, Pamela Tompkins,
Shari Ziooert, Miwako Watanabe

Violas/ Rollice Dale, Alan Deveritch, Pamela Goldmith, Allan Harshman, Roland Kato, Milton Kestenbaum
Carole Mukogawa, David Schwartz, Joel Soultanian, Linn Subotnick

Cellos/ Ranald Cooper, Larry Corbett, Douglas Davis, Suzie Katayama, Earl Madison, Frederick Seykora

String Bass/ Arni Egilsson
Harp/ Dorothy Remsen





アース・ウィンド&ファイヤーが好き!インデックスへ。


posted by Kaolu E at 13:37| Comment(4) | TrackBack(0) | PERSONALS OF EWF ORIGINAL ALBUM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして
私もFall in Love with Meが大好きです。
ライブで聴いてみたいですね。
ところでこの曲のかっちょいいギターソロは
Beloyd Taylorなんでしょうか。
久しぶりにギターを手に取りコピーしてみようかなんて考えています。


Posted by 虚無僧 at 2009年07月18日 11:48
虚無僧様>コメントありがとうございます!Fall in Love with Meはまだ一度もライブで聴いたことがないので、ぜひ演奏してもらいたいものです。他のアルバムは大体曲ごとの参加メンバーが記載されているんですが、こちらは全体での紹介でした。
なので、ごめんなさい、Beloyd Taylorなのかどうか・・・よくわからない・・・
Posted by kaolu at 2009年07月21日 11:24
kaolu様
レスありがとうございます。
私も気になって、ネットで検索していますが今のところ情報は得られていません。
ゲストミュージシャンで、これだけのソロを弾いて記載されないのも考えにくいですねぇ。
Beloyd Taylorの目立つプレイを聴けば、彼かどうかわかると思うんですが・・・
Posted by 虚無僧 at 2009年07月24日 18:41
虚無僧様>お力になれなくてすみません。
Posted by kaolu at 2009年07月27日 18:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
EWFがsitemap.xml