EARTH, WIND & FIRE MEMBERS ARE......

Maurice White, ,Philip Bailey、 Verdine White,
Ralph Johnson,Seldon Reynolds, Robert Brookins,
David Whitworth, Larry Dunn, Roland Bautisuta,
Ronnie Laws, Al Mckay, Johnny Graham, Andrew Woolfolk,
Jessica Gleaves, Sherry Scott,Fred White,
Louis Satterfield, Don Myrick, Sonny Emory,
Rahmlee Michael Davies, Freddie Ravel, David Romeo,      Paul Minor, Morris Plesure, Mike McKnight,
Gordon Campbell, Ray Brown, Gary Bias,ReggieYoung,    John Paris, Myron McKinley, Bobby Gonzales,
Greg Moore, Vadim Zilberstein, Bobby Burns Jr,
  Wade Flemons, Krystal Bailey, Kimberly Johnson,
    Don Whitehead, Michael Beal, Leslie Dayton,
Alex Thomas, Chester Washington, Yakov Ben Israel,
  Michael Harris, Elmar Brown,Daniel de los Reyes,
   Devoted Spirits, Urban Knights, Audio Cavia、
        The Salty Peppers

    EWFやメンバーたちの活動について紹介!
      

2010年04月18日

Barry

Barry/Barry Manilow(1980)




アメリカの歌手、作曲家、プロデューサーであるBarry Manilow

1978年には5枚のアルバムがベストセラーとなり、この記録はフランク・シナトラとジョニー・マティスの記録に匹敵するものだそう。

洋楽に興味がない人でもその名前を知らない人は少ないんじゃないかな?
彼の多くのヒット曲の中でも俺は1978年のCopacabanaが大好きだったよ!
今でもそれが聴こえてくると勝手に体がリズムを刻んでしまうもん。


そんな彼の10作目のアルバムにはわれらがMaurice Whiteが参加しているよ。
"Only In Chicago”の作曲はBarry ManilowとMaurice Whiteによるもの。

どの程度の分業がなされたのかは俺は知らないけど、メロディーはMauriceらしいPOPで軽快なもの。

念ながらMauriceは演奏には参加していないけど、
EWFファンにはぜひとも聴いてもらいたいアルバムだわ!

他の9曲のほとんどはバラードでちょっと懐かしい感じは致しますが、
ちょっと青春の苦い思い出を噛み締めながらのBGMには最適かもよ。

1 Lonely Together
2 Bermuda Triangle
3 I Made It Through The Rain
4 Twenty Four Hours A Day
5 Dance Away
6 Life Will Goes On
7 Only In Chicago
8 The Last Duet
9 London
10 We Still Have Time





アース・ウィンド&ファイヤーが好き!インデックスへ。
posted by Kaolu E at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | Maurice White 参加アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
EWFがsitemap.xml