EARTH, WIND & FIRE MEMBERS ARE......

Maurice White, ,Philip Bailey、 Verdine White,
Ralph Johnson,Seldon Reynolds, Robert Brookins,
David Whitworth, Larry Dunn, Roland Bautisuta,
Ronnie Laws, Al Mckay, Johnny Graham, Andrew Woolfolk,
Jessica Gleaves, Sherry Scott,Fred White,
Louis Satterfield, Don Myrick, Sonny Emory,
Rahmlee Michael Davies, Freddie Ravel, David Romeo,      Paul Minor, Morris Plesure, Mike McKnight,
Gordon Campbell, Ray Brown, Gary Bias,ReggieYoung,    John Paris, Myron McKinley, Bobby Gonzales,
Greg Moore, Vadim Zilberstein, Bobby Burns Jr,
  Wade Flemons, Krystal Bailey, Kimberly Johnson,
    Don Whitehead, Michael Beal, Leslie Dayton,
Alex Thomas, Chester Washington, Yakov Ben Israel,
  Michael Harris, Elmar Brown,Daniel de los Reyes,
   Devoted Spirits, Urban Knights, Audio Cavia、
        The Salty Peppers

    EWFやメンバーたちの活動について紹介!
      

2011年07月03日

The Hawkins Family

The Hawkins Family / Walter Hawkins (1980)

Hawkins Family

Philip Baileyのナレーションから始まるこの曲、

” Goin' to a Place ”

Philip Baileyが曲を紹介するんだけど、彼らとのジョイントライブでの録音なんだろうか?
EWFファンにとっては嬉しいサプライス!

ちなみに彼らのベストアルバムにもこの曲は収録されているけど、
Philip Baileyの声はカットされているから、購入するなら、こっちのCDの方がいいよ!

足が自然とステップしてしまうような軽快だけど重厚なゴスペルサウンド。


この曲から始まるアルバムはアメリカのゴスペルシンガーWalter Hawkins
The Hawkins Familyのもの。

しかも、この曲にはリードボーカルでMaurice Whiteが参加しているんだ!

やっぱモーリス・ホワイトの声っていいわぁ・・・
なんかとってもスリリング!

Hawkins Family とMaurice Whiteがリードボーカルなんだけど、
リズミックで壮大なゴスペルサウンド!
モーリスのユニークな声がメロディーにより生命力を与えております。

モーリス・ホワイトのゴスペルって珍しいんじゃない?

You Have To Listen To This!

1. Goin' to a Place
2. Love Is God
3. What Is This?
4. I Am a Pilgrim
5. He'll Be There (When You Need Him)
6. Eternal Life
7. Keep on Fighting
8. Try Christ



アース・ウィンド&ファイヤーが好き!インデックスへ。
posted by Kaolu E at 09:00| Comment(5) | TrackBack(0) | Maurice White 参加アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Mauriceもご多分に漏れず、最初は聖歌隊に参加し、ソロをとるところからスタートしてます。

アースでもゴスペル曲のカバーをしたりもしていますので、ゴスペルと全く縁がないわけじゃないですよね。

Philipはたくさんゴスペルのアルバムを出していますがモーリスはゴスペルアルバムがないのでどうしても見落としがちですが。。

Posted by magicbroom at 2011年07月13日 04:00
あと、このアルバムおそらく1993年ではなく1980年の作品かと。
Posted by magicbroom at 2011年07月13日 04:04
magicbroom様>確かに1980年の作品でした。なんで1993年って書いちゃたんでしょう。モーリスの声もゴスペルにビビッドな生命力を与えてますよね!彼の新しいボーカルが聴きたい・・・
Posted by kaolu at 2011年07月17日 15:43
kaoluさん、Mauriceの声いいですよね〜〜〜少し前の枯れた感じの声もあれはあれで良いですしね^^ 私も同じく、ちょこっとだけでもいいので聴きたい・・・
Posted by Kikuyo at 2011年07月30日 01:20
Kikuyo様>Mauriceの声は微妙に変化してたりするけど、どの時代も本当に好きですわ!
なんかブルース・リーの怪鳥音みたいに彼にしかない独特の音色だと思うんだよね!
Posted by kaolu at 2011年07月30日 17:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
EWFがsitemap.xml