EARTH, WIND & FIRE MEMBERS ARE......

Maurice White, ,Philip Bailey、 Verdine White,
Ralph Johnson,Seldon Reynolds, Robert Brookins,
David Whitworth, Larry Dunn, Roland Bautisuta,
Ronnie Laws, Al Mckay, Johnny Graham, Andrew Woolfolk,
Jessica Gleaves, Sherry Scott,Fred White,
Louis Satterfield, Don Myrick, Sonny Emory,
Rahmlee Michael Davies, Freddie Ravel, David Romeo,      Paul Minor, Morris Plesure, Mike McKnight,
Gordon Campbell, Ray Brown, Gary Bias,ReggieYoung,    John Paris, Myron McKinley, Bobby Gonzales,
Greg Moore, Vadim Zilberstein, Bobby Burns Jr,
  Wade Flemons, Krystal Bailey, Kimberly Johnson,
    Don Whitehead, Michael Beal, Leslie Dayton,
Alex Thomas, Chester Washington, Yakov Ben Israel,
  Michael Harris, Elmar Brown,Daniel de los Reyes,
   Devoted Spirits, Urban Knights, Audio Cavia、
        The Salty Peppers

    EWFやメンバーたちの活動について紹介!
      

2012年03月25日

Upside

Upside /Victoria White (2008)

Upside
Upside

カリンバ・レコードからデビューしたニュージャージー出身の女性アーティスト!
Victoria White

普通に”Victoria White”
と検索すると別業界の別人がヒットするけど・・・

収録されている楽曲のほとんどが彼女の作によるもので、多くの楽器も自らこなしている。
彼女の正確だけど温かい声のピッチが癒しを与えてくれるよう。

会的なスローなナンバーが中心ではあるんだけど様々タイプの曲を収録している。
曲の表情も豊かで聴くたびに、どんどん新しい発見を導いてくれるアルバム。

そんな彼女のファーストアルバムは、なんとSheldon Reynoldsによるプロデュ―スだったんだ!

ギター、シンセ、ドラムと曲によって担当は違っても全ての曲のクレジットにシェルドン・レイノルズの名前がある。

6曲目の”Forgiven"はソングライライティングをVictoriaとともに行っているし・・・
※タイトルから予想出来るように、静かで美しいTUNE!

後半に静かにシャウトするシェルドンらしいギターサウンドは涙もの。

俺みたいなSheldon Reynolds ファンにとっては、とっても価値のある嬉しいアルバムなのだけれど、
もう少しSheldonの声もフューチャーして欲しかったなんて不満も。

9曲目の”Something"では本当に美しいバッキングコーラスを聴かせてはくれるんだけどね。

ちなみに“Keep On"ではSheldonと親交の深いBrian Culbertsonもピアノで参加しているよ!

1. Exodus
2. Get Gone
3. Can't Buy Love
4. Girl Of Your Dreams
5. My Apology
6. Forgiven
7. Keep On
8. Grateful
9. Something
10. Paper Doll
11. Take Me Home


アース・ウィンド&ファイヤーが好き!インデックスへ。
posted by Kaolu E at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | EWFメンバー参加アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
EWFがsitemap.xml