EARTH, WIND & FIRE MEMBERS ARE......

Maurice White, ,Philip Bailey、 Verdine White,
Ralph Johnson,Seldon Reynolds, Robert Brookins,
David Whitworth, Larry Dunn, Roland Bautisuta,
Ronnie Laws, Al Mckay, Johnny Graham, Andrew Woolfolk,
Jessica Gleaves, Sherry Scott,Fred White,
Louis Satterfield, Don Myrick, Sonny Emory,
Rahmlee Michael Davies, Freddie Ravel, David Romeo,      Paul Minor, Morris Plesure, Mike McKnight,
Gordon Campbell, Ray Brown, Gary Bias,ReggieYoung,    John Paris, Myron McKinley, Bobby Gonzales,
Greg Moore, Vadim Zilberstein, Bobby Burns Jr,
  Wade Flemons, Krystal Bailey, Kimberly Johnson,
    Don Whitehead, Michael Beal, Leslie Dayton,
Alex Thomas, Chester Washington, Yakov Ben Israel,
  Michael Harris, Elmar Brown,Daniel de los Reyes,
   Devoted Spirits, Urban Knights, Audio Cavia、
        The Salty Peppers

    EWFやメンバーたちの活動について紹介!
      

2007年08月22日

That's The Way Of The World

1975年の音楽業界を舞台にした幻の映画。
その中にAlso StarringとしてEWFが出演しています。
《That's The Way Of The Worldはこのサントラ》

ザッツ・ザ・ウェイ・オブ・ザ・ワールド

 
とにかくEWFが若い!Maurice Whiteの他はライブシーンでしか登場しないんだけど
Mauriceは時々登場して演技!決して演技が上手いとはいえないんだけど、なかなかの存在感。
最後のクレジットにもMaurice Whiteって名前はちゃんと出てくる。

That's The Way Of The World"Reasons””Shining StarなどがBGMとして風景の背後に流れるんだけど、
VocalがはいってないVERSIONがほとんどで、Backing Trackだけってのはなんか違和感がありましたが・・・

でも"See The Light"や”Happy Feelin"は背景に流れてると映像も盛り上がります!

このDVDには音声特典があって5.1だったりMonoを選択するAudio Selectのところでこの特典音声を選ぶと、映画の進行と同時にVerdine WhiteとRalph Johnsonが野球の中継のように音楽を解説してくれます。
まるで彼らが隣にいて家でDVDを鑑賞してるようです。
Verdine WhiteとRalph Johnsonの声(会話ですが)がこんなにたっぷり聴けるのはこのDVDだけかも。
EWFファンにとってはずっと見たかった映像です。

俺は日本で発売される前にAmazon Comで購入したんだけど、
リージョンが違って鑑賞するのに苦労いたしました。
日本版じゃないとUSリージョンのため、リージョンフリーソフトなどがないと鑑賞できませんのでご注意!
この記事へのコメント
幻の映画がやっと見られたね。
まぁ内容は音楽ビジネス業界の騙し・騙され物語で、結構皮肉なストーリーだったね。WE&Fの映画だと思うと、ちょっと違和感があるけど、映画としては悪くなかったよね。
モーリスはこの映画についてはいつも「映画は最悪だった」と回想してるよね。それもそーだね。確かにソウルミュージック映画ではないからね。
でも音楽を作る現場としてはよく描かれていたよね。あの●ーペンターズみたいな白人ファミリーバンドの、「家族」とか「愛国」とか歌ってるどーしよーもない唄を、チャールズ・ステップニー(本人が扮する)アレンジャーが、手を加えて行く過程。
スタジオでのオーバーダビングのシーンなど、あれは本物のレコーディングのドキュメンタリーだよね。ビブラフォン弾いてるのはハービー・メイスンなんだってね。
で、駄作曲が最後にはWE&Fっぽい曲に仕上がるあたり、ファンには嬉しい展開です。
サントラアルバムのクレジットには彼等のところにThe Groupと書いてあるんだけど、映画見てやっと訳が判ったね。映画の中での彼等のバンド名だったんだね。
Posted by 3gatudo at 2009年03月21日 01:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
EWFがsitemap.xml