EARTH, WIND & FIRE MEMBERS ARE......

Maurice White, ,Philip Bailey、 Verdine White,
Ralph Johnson,Seldon Reynolds, Robert Brookins,
David Whitworth, Larry Dunn, Roland Bautisuta,
Ronnie Laws, Al Mckay, Johnny Graham, Andrew Woolfolk,
Jessica Gleaves, Sherry Scott,Fred White,
Louis Satterfield, Don Myrick, Sonny Emory,
Rahmlee Michael Davies, Freddie Ravel, David Romeo,      Paul Minor, Morris Plesure, Mike McKnight,
Gordon Campbell, Ray Brown, Gary Bias,ReggieYoung,    John Paris, Myron McKinley, Bobby Gonzales,
Greg Moore, Vadim Zilberstein, Bobby Burns Jr,
  Wade Flemons, Krystal Bailey, Kimberly Johnson,
    Don Whitehead, Michael Beal, Leslie Dayton,
Alex Thomas, Chester Washington, Yakov Ben Israel,
  Michael Harris, Elmar Brown,Daniel de los Reyes,
   Devoted Spirits, Urban Knights, Audio Cavia、
        The Salty Peppers

    EWFやメンバーたちの活動について紹介!
      

2007年08月31日

BILL MEYERS SOLO

1987年から1995年までキーボードでEarth, Wind & Fireに在籍。

多くのアーティストの作品に参加しており”ガッチャマン”等Maurice Whiteとの共作も多い。

そんなBillは3枚のソロアルバムをリリースしている。

Images  1986




The Colour Of Truth  1990



All Things In Time  1996



All Things In Time の中の”Sky"という曲はEarth,Wind&Fireが全面協力exclamation×2

Vocals/ Maurice White, Philip Bailey, Shedon Reynolds

Duums/ Sonny Emory

Bass/ Verdine White

Electoric Guigar/ Sheldon Reynolds

これにキーボード他のBill Meyersが加わる訳だからこれはEarth,Wind &Fireの曲といってもいいんじゃないかな。

作曲もMauriceとBillだし・・・

”The Colour Of Truth"もやはりメンバーが参加した曲がある。

”Style”って曲でMauriceとPhilipがコーラスで参加、
”Halfway There”ではSheldon ReynoldsがBack Vokalで名前を連ねている。

EWFにとって彼が特別な存在である証なんでしょうね 。

”All Things In Time"ではBill Meyersが歌うVocal曲は2曲でインストが中心の構成だったんだけど

”The Colour Of Truth"はほぼ全曲彼のリードボーカル。(セクシーな声質)

EWFってすごいVocalistがいっぱいいたんだなーと再認識する今日この頃です。
posted by Kaolu E at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | BILL MEYERS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
EWFがsitemap.xml