EARTH, WIND & FIRE MEMBERS ARE......

Maurice White, ,Philip Bailey、 Verdine White,
Ralph Johnson,Seldon Reynolds, Robert Brookins,
David Whitworth, Larry Dunn, Roland Bautisuta,
Ronnie Laws, Al Mckay, Johnny Graham, Andrew Woolfolk,
Jessica Gleaves, Sherry Scott,Fred White,
Louis Satterfield, Don Myrick, Sonny Emory,
Rahmlee Michael Davies, Freddie Ravel, David Romeo,      Paul Minor, Morris Plesure, Mike McKnight,
Gordon Campbell, Ray Brown, Gary Bias,ReggieYoung,    John Paris, Myron McKinley, Bobby Gonzales,
Greg Moore, Vadim Zilberstein, Bobby Burns Jr,
  Wade Flemons, Krystal Bailey, Kimberly Johnson,
    Don Whitehead, Michael Beal, Leslie Dayton,
Alex Thomas, Chester Washington, Yakov Ben Israel,
  Michael Harris, Elmar Brown,Daniel de los Reyes,
   Devoted Spirits, Urban Knights, Audio Cavia、
        The Salty Peppers

    EWFやメンバーたちの活動について紹介!
      

2019年12月30日

EARTH,WIND&FIREアルバム紹介’80

80年代に発表されたアルバムを・・・・・・


★ Faces1980

Faces

初の2枚組アルバム・・・全15曲。
”Let Me Talk"がシングルカットされたが、今で程のヒットではなく
・・・しかし俺はどれも素晴らしい曲だと思いますけどね・・・
タイトル曲の”Faces"は日本の盆踊りのようなモチーフがイントロを飾ってRaise!
ちょっと嬉しかったり。大作って感じが致します。

★ Raise!1981



ご存知スーパーヒットの”Let's Groove"を冒頭に始まるアルバム!
その後のLIVEでのエッセンス曲”Kalimba Tree"や”Wanna Be With You"を収録しています。当時の先端の音とHORNを融合させた見事な出来のアルバムです!

★ Powerlight1983

エレクトリック・ユニヴァース

”Fall In Love With Me"好きなんだなぁ〜。”Side By Side"もいいし、Miracles"も最高!
スピード感と落ち着きが同時に得られるエクスタシーな1枚。

★ Electric Universe1983

エレクトリック・ユニヴァース
実は日本のEWFファンの中ではあまり評判のいいアルバムではないのかもしれないけれど俺は大好き!より新しい音へというMauriceのイメージが過去のEWFファンの期待するものと多少相違していたからで質にはなんら問題はない!と俺は思っている。
今までにないELCTRICな曲調だけれどMauriceの声はそれにもしっかり同調している。
未来を感じさせただろうこのアルバム。美しいよ、絶対に。


★ Touch The World1987

タッチ・ザ・ワールド

このアルバムをつい買ってしまったがために落ちてしまった。
EWF CRAZYへのブラックホール。
俺が一番好きなアルバムです!
当時6年ぶりの新作。この10曲の全てがシュープリームな大人のための現代社会へのメッセージです。”System Of Survival"”Thinking Of You"”Evil Roy"を収録。
シングルカットはされていないけれど、4曲目の”You And I")は痺れます。Philipの声が全ての恋を知る人々をとろけさせる。
なぜかあんまり有名ではないけれど愛のSLOW TUNEの名曲!です!

★ The Best Of EW&F Vol.2 1988

ザ・ベスト・オブ・EW&F(2)

2枚目のベストアルバム。
今回は映画サントラである”Turn On"がアルバム未収録曲として登場。しかし前回は3曲未収録があったから、なんか・・・
”Let's Grrove"”Boggie Wonderland""Fantasy"など前回のベストアルバムに収録されなかったヒットのオンパレード!(といっても全
10曲ですが・・・・・・)


アース・ウィンド&ファイヤーが好き!インデックスへ。
この記事へのコメント
Kaoluさん、一週間ぶりです。
「Let's groove」の冒頭の部分が、「生麦、生卵」
に聞こえるとか、以前タモリ倶楽部の空耳アワーで
やっていましたね。
私には、どうしても聞こえないのですが・・・・

4年間の活動休止後に「Touch the world」が出た時は、嬉しくて思わず涙が出ました・・・・
発売当日に、レコード屋に走ってゲットしました!
今でも不思議なのは、ジャケットにVerdine,Ralphの
写真があるのにも拘らず、アルバムのクレジットに
名前がないことです。
この時のべーシストは、違う人でしたよね?
Posted by rosemama at 2008年10月24日 15:02
rosemama様>生麦、生卵ってMIXIのEWFコミュなんかでもよく見かけます。しかし、耳の向きをかえて聞いてみても俺にもそんな風には聞こえないのです。Touch the worldのアルバムから俺はEWFを知ったので・・・本当に彼らのアルバムの中でも一番!といっていいほど好きなアルバムです。
Verdineの名前なかった?時間が出来たら確認してみます。気になる・・・違う人って誰だろう?
だけどEWFのアルバムでRalphの名前がないアルバムもあるような気はします。
あんまりアルバム製作には参加していないイメージが・・・
Posted by Kaolu at 2008年10月27日 16:10
先程、"Touch the world"のジャケットを見てみました。ごめんなさい。Ralphの写真は載っていませんでした・・・・。
それと、べーシストですが、この時はVerdineではなくて、Nathan Eastという人でした。
どこかで聞いたことのある名前だなと思ったら、
Philipの"Chinse Wall"に参加していた人でした。
Posted by rosemama at 2008年10月28日 10:09
rosemama様>そう言えば、ジャケットにはRalphの写真ありませんでしたよね!
Nathan East・・・てことは彼も元EWFと呼んでいいのでしょうか?Nathan Eastはフォープレイのほかにもいろんなアーティストと競演してますよね。俺が紹介してるEWF関連のアルバムでもしょっちゅう彼の名前を見かけます。Verdineは全く参加してない?チェックしてみなくては・・・
Posted by Kaolu at 2008年11月04日 16:04
Kaoluさん>ジャケットにVerdineの写真があるのにも拘らず、Nathan Eastがべーシストをやっていたところから察すると、彼がEWFのメンバーだったというよりは、Verdineが何かの都合でアルバムのレコーデ
ィングに参加できず、急遽ピンチヒッターとしてNathan Eastが参加した、と考えるのが自然だと思います。
Posted by rosemama at 2008年11月07日 12:03
rosemama様>やっとTouch The Worldのジャケットに記載されているメンバーをじっくりと再観察いたしました。
なんかメンバーだけ見るとEWFのアルバムじゃないみたいですよね。
Maurice,Philip ,Andrew,Sheldon位しかメンバーでは参加していないし・・・あとBillもね。
rosemama様のコメントで今までEWF参加のアルバムに関してはいろいろご紹介をしてきたんだけど肝心なオリジナルアルバムに関してはブラインドだったなぁと反省。
近日中にオリジナルアルバムのパーソナルをじっくり見るコーナーを開設します!
Posted by Kaolu at 2008年11月12日 15:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
EWFがsitemap.xml