EARTH, WIND & FIRE MEMBERS ARE......

Maurice White, ,Philip Bailey、 Verdine White,
Ralph Johnson,Seldon Reynolds, Robert Brookins,
David Whitworth, Larry Dunn, Roland Bautisuta,
Ronnie Laws, Al Mckay, Johnny Graham, Andrew Woolfolk,
Jessica Gleaves, Sherry Scott,Fred White,
Louis Satterfield, Don Myrick, Sonny Emory,
Rahmlee Michael Davies, Freddie Ravel, David Romeo,      Paul Minor, Morris Plesure, Mike McKnight,
Gordon Campbell, Ray Brown, Gary Bias,ReggieYoung,    John Paris, Myron McKinley, Bobby Gonzales,
Greg Moore, Vadim Zilberstein, Bobby Burns Jr,
  Wade Flemons, Krystal Bailey, Kimberly Johnson,
    Don Whitehead, Michael Beal, Leslie Dayton,
Alex Thomas, Chester Washington, Yakov Ben Israel,
  Michael Harris, Elmar Brown,Daniel de los Reyes,
   Devoted Spirits, Urban Knights, Audio Cavia、
        The Salty Peppers

    EWFやメンバーたちの活動について紹介!
      

2008年01月31日

from the heart

★ from the heart/ DARYLE CHINN (1996)

From the Heart
From the Heart

キーボディスト Daryle ChinnのアルバムにPhilip Baileyがボーカルで参加!

曲はご存知”FANTASY"

おなじみのコーラスワークの特にフェイドアウトがオリジナルとは違い、Philipファンにはたまりません!

あくまでもDarylのキーボードが主役なので、Philipの出番はそんなに長くはありませんが、彼の声はどんな名楽器をも圧倒します!

EWFクレージーな俺はPhilip目当てで購入したのですが、このアルバムかなりいい!

ほとんどボーカルはないインストルメンタルなんですが、ちょっと一人で酒飲みながらのBGMには最適かも。

FOUR PLAYぽいソフトなジャズミュージック!
だけど曲の雰囲気も様々で、だけど統一感があるバランスのとれたアルバムです。

ほとんどの曲をDaryl自身が作曲していてその才能の多様さに驚かされる。

”Fantasy"のほかには”Beauty And The Beast"のカバーも収録。


1. My Summer Love
2. From the Heart
3. We Came 2 Party
4. All My Love (Interlude)
5. All My Love
6. Sensitivity
7. Casaba
8. Paradise
9. When Will I See You Smile Again?
10. Fantasy
11. Beauty and the Beast
12. Jamaica Sunrise



アース・ウィンド&ファイヤーが好き!インデックスへ。


posted by Kaolu E at 00:24| Comment(3) | TrackBack(0) | Philip Bailey 参加アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Kaoluさん♪

ありがとうございます!存在は知ってたけど、どんな内容かわからないし、どうしようかなあなんてずっと思ってました^^; 

これは買い!ですね^^ でも4月まで我慢我慢。。
Posted by Kim at 2008年02月04日 00:06
Kim様>なんで4月まで我慢なんだろう・・・?
Philp目当てで購入したけど、かなり気に入っているアルバムです!
Posted by Kaolu at 2008年02月07日 23:11
この曲、Norman Brownがフィーチャーされていて
全編、彼のギターサウンドが楽しめます。
Norman Brownは自信のアルバムで
After The Love Has GoneとかLove's Holidayをカバーしていますが、
ひょっとしてNorman Brownがやりたかっただけでは?と思ってしまいますw

カバーで本物のPhilipのコーラスが入るパターンもなかなか贅沢です。
Posted by magicbroom at 2008年07月17日 14:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
EWFがsitemap.xml