EARTH, WIND & FIRE MEMBERS ARE......

Maurice White, ,Philip Bailey、 Verdine White,
Ralph Johnson,Seldon Reynolds, Robert Brookins,
David Whitworth, Larry Dunn, Roland Bautisuta,
Ronnie Laws, Al Mckay, Johnny Graham, Andrew Woolfolk,
Jessica Gleaves, Sherry Scott,Fred White,
Louis Satterfield, Don Myrick, Sonny Emory,
Rahmlee Michael Davies, Freddie Ravel, David Romeo,      Paul Minor, Morris Plesure, Mike McKnight,
Gordon Campbell, Ray Brown, Gary Bias,ReggieYoung,    John Paris, Myron McKinley, Bobby Gonzales,
Greg Moore, Vadim Zilberstein, Bobby Burns Jr,
  Wade Flemons, Krystal Bailey, Kimberly Johnson,
    Don Whitehead, Michael Beal, Leslie Dayton,
Alex Thomas, Chester Washington, Yakov Ben Israel,
  Michael Harris, Elmar Brown,Daniel de los Reyes,
   Devoted Spirits, Urban Knights, Audio Cavia、
        The Salty Peppers

    EWFやメンバーたちの活動について紹介!
      

2008年04月03日

CHER

CHER/CHER(1987)



シンガーとして数〃のヒットを放ち、女優としても大活躍のCHER。
とにかくすごい経歴の持ち主です。

”シルクウッド”でゴールデングローブ助演賞、”マスク”でカンヌ映画祭の主演女優賞、”月の輝く夜に”ではアカデミー主演女優賞を獲得。
”Believe”ではグラミー賞もWON!

この"Believe"は世界中のヒット曲をランキングしたワールドチャートにて歴代1位!なんだって。

そんな彼女の13枚目のアルバム”CHER”の8曲目、”Skin Deep”にMaurice Whiteがボーカル参加。
モーリスホワイトの声の登場は後半からでそんなに長くはないが、強烈なスパイスを与えている。
やっぱりモーリスの声はユニーク!

このアルバムでは"I Found Someone”と”We All Sleep Alone”の2曲が大ヒットとなったそうなんだけど、
このMaurice White参加のこの曲でも十分ヒットした気はするんです・・・

ダンサブルでセクシーな素敵な曲です。
さすがにこれだけのスターだけあって高品質な曲が集まっています。
スローなナンバーからSkin Deepのようなノリのいい曲までバラエティーに富んでおります。
かなりお勧め!
posted by Kaolu E at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | Maurice White 参加アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
EWFがsitemap.xml