EARTH, WIND & FIRE MEMBERS ARE......

Maurice White, ,Philip Bailey、 Verdine White,
Ralph Johnson,Seldon Reynolds, Robert Brookins,
David Whitworth, Larry Dunn, Roland Bautisuta,
Ronnie Laws, Al Mckay, Johnny Graham, Andrew Woolfolk,
Jessica Gleaves, Sherry Scott,Fred White,
Louis Satterfield, Don Myrick, Sonny Emory,
Rahmlee Michael Davies, Freddie Ravel, David Romeo,      Paul Minor, Morris Plesure, Mike McKnight,
Gordon Campbell, Ray Brown, Gary Bias,ReggieYoung,    John Paris, Myron McKinley, Bobby Gonzales,
Greg Moore, Vadim Zilberstein, Bobby Burns Jr,
  Wade Flemons, Krystal Bailey, Kimberly Johnson,
    Don Whitehead, Michael Beal, Leslie Dayton,
Alex Thomas, Chester Washington, Yakov Ben Israel,
  Michael Harris, Elmar Brown,Daniel de los Reyes,
   Devoted Spirits, Urban Knights, Audio Cavia、
        The Salty Peppers

    EWFやメンバーたちの活動について紹介!
      

2008年06月08日

Handwritting On The Wall

Handwritting On The Wall (1974)

ANOTHER TIME.JPG

これもずっと探していたEarth,Wind&Fireの幻の曲。
Another Time”というレコードにこの曲は収録されているのですが、やっと入手出来ました!
MIXIのマイミクでもありPLANET EARTH - for EARTH, WIND & FIRE fanの運営者であるmagicbroomさんから販売情報を教えてもらってやっとGET!

会いたかったよ!聞きたかったよ!

このアルバムはEWFのPhilip Bailey加入前のワーナーの2枚の収録曲にこのHandwritting On The Wallを加えたもの。

アルバムのジャケットはEWFらしい不思議な雰囲気をかもし出しています。
先日ようやくこのアルバムが手元に届いたのですが、とにかく状態が悪い。

ジャケットは破れていて崩壊寸前。
レコードも白っぽくて傷だらけです。
だけどよく考えてみれば30年以上前のレコードだもんね。
ある程度しょうがないかも。

  アナザータイム.JPG  崩壊寸前のジャケット.JPG

コードプレイヤーに設置して針を落とす。
1曲目の”Fan The Fire"
聴きなれた曲ではありますが、通常とは違うリズムが・・・
悪くはないじゃん!
と思ったら2曲目に入ってもそのビートは継続して・・・
レコードに出来た傷のせいで繰り返されるノイズでございました。

しかし、いい感じのノイズTUNEではある。
で、初めて鑑賞するHandwritting On The Wall 、
覚えやすいメロディーのモチーフがエンドレスに繰り返されて
そのビートにボーカルが絡みつくファンキーな曲。

ょっと前にはやってループ音楽みたいで、30年以上前の曲と思うと
とっても斬新なんじゃないかな?

COOLなカッコいいナンバーです!

作者はMaurice White, Wade Flemons, Don Whitehead

俺はe bayで購入したんだけど、俺が購入したことで在庫は0となっている。
だけど意外と他にも販売しているセラーはあったのね・・・
今まで全然気がつかなかったよ・・・

ちなみにKimさんからの情報で知ったんだけど、同じ内容のレコードが
Beat It To Life"というタイトルでも販売されているらしい。
EWFの大ファンの方にはマストな商品ですね!





    アース・ウィンド&ファイヤーが好き!インデックスへ。

この記事へのコメント
magicちんからの情報でしたか^^ 無事手に入って良かったですね♪

Another Time、チェックしたら本当だわ、Handwritting On The Wallはいってましたね。。。

頭から手が生えてるところが何ともシュールなジャケですよね^^;

とても印象的なジャケットですね^^
Posted by Kim at 2008年06月08日 02:46
Kim様>ひょっとしてmagicさんご存知なの???
Another Timeにしかこの曲収録されてないと思ってたんだけど、Beat It To Lifeはその再発売タイトルではないの?収録曲も同じだし・・・
頭から手が生えてるって文章ちょっと離れて見ると
頭から毛が生えてるって見えてなんだ普通じゃんって一瞬思っちゃいました。
Posted by Kaolu at 2008年06月13日 01:26
EWFファン仲間なので、いろんなところで(On Lineの世界だけど。。。)お会いするし、彼の運営してるサイトにちょこちょことお邪魔してます^^

アルのライブレポとか、普通ちょっとな〜って思われるような長文レポとかも書かせてもらってます^^

とっても親切なNice Guyですよ^^
Kaoluさんもそうだけど、私も大好きなEWFの事を応援してくれてるとこっちも嬉しくります^^

「手」と「毛」って。。そういえば似てる(笑)

Beat It To Lifeは1994年だったかな?に発売されたファーストとセカンドアルバムの2枚組みのアルバムのことです。 ジャケットも全然違うので。。
Posted by Kim at 2008年06月13日 02:15
Kim様>やはりmagic様はEWFファンの中でも有名な方なのね・・・いろいろ詳しいですもんね。Kimさんもだけど・・・Beat It To Life・・・1994年の発売なんですね!
その情報を知ってたらもっと早い時期に入手出来ていたかも・・・
だけど94年発売だったらCDで出して欲しいと思うのはあたしだけ?
Posted by Kaolu at 2008年06月18日 00:31
Kimさんの方が有名な方ですw

Another TimeもBeat It To Lifeもアメリカでは
ちょくちょく取引されています。
僕は、購入と同時にCD-Rに落としてくれる業者さんから購入しましたw

ほんと数年前と比べて外国と取引しやすくなった
ネット社会に感謝ですw
Posted by magicbroom at 2008年07月17日 14:18
magicbroom様>本当に探している音楽が見つけやすい時代になりましたね!
この曲もずっと探してたんだけど、今調べてみると結構いろんなところで見つかる。
数年前にはネットで探しまくったけど全く見つからなかったのです・・・
Posted by Kaolu at 2008年07月22日 13:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
EWFがsitemap.xml