EARTH, WIND & FIRE MEMBERS ARE......

Maurice White, ,Philip Bailey、 Verdine White,
Ralph Johnson,Seldon Reynolds, Robert Brookins,
David Whitworth, Larry Dunn, Roland Bautisuta,
Ronnie Laws, Al Mckay, Johnny Graham, Andrew Woolfolk,
Jessica Gleaves, Sherry Scott,Fred White,
Louis Satterfield, Don Myrick, Sonny Emory,
Rahmlee Michael Davies, Freddie Ravel, David Romeo,      Paul Minor, Morris Plesure, Mike McKnight,
Gordon Campbell, Ray Brown, Gary Bias,ReggieYoung,    John Paris, Myron McKinley, Bobby Gonzales,
Greg Moore, Vadim Zilberstein, Bobby Burns Jr,
  Wade Flemons, Krystal Bailey, Kimberly Johnson,
    Don Whitehead, Michael Beal, Leslie Dayton,
Alex Thomas, Chester Washington, Yakov Ben Israel,
  Michael Harris, Elmar Brown,Daniel de los Reyes,
   Devoted Spirits, Urban Knights, Audio Cavia、
        The Salty Peppers

    EWFやメンバーたちの活動について紹介!
      

2016年09月19日

Earth,Wind & Fire @ Blue Note Jazz Festival

午後7時10分。
遂にEarth,Wind & Fireのライブが幕を開けました!
ラストサタデーに横浜赤レンガで開催されたBLUE NOTE JAZZ FESTIVAL

Earth,Wind & Fireをメインに、Georege Benson, Marcus Miller,Andra Day,そして日本からはMISIAなどが出演するゴージャスなライブフェス。

わたくしは、もちろんEWF目当てですが、George Bensonのファンでもあり、イベント開催告知がリリースされた際には、知らなかったMarcus Miller.
彼のアルバムは1枚しか持っていないけれど、ちゃんと目撃してみたかったわけで・・・
わたくしのためにアレンジしてくれたんじゃないかと思うようなイベントだったの。

今回は以前アル・マッケイオールスターズ鑑賞をご一緒したEWFファン仲間の加奈子ちゃんとランチを済ませた後に会場入り。

ただ彼女はS席、わたくしはA席だったので、別ステージのMISIA鑑賞の際意外は別々だったのですが・・・
Earth,Wind & Fire @ Studio Coast 記事

わたくしが愛するEWFの出番はラスト。
最終のライブとしてホーンが鳴り響きました。

前日新木場のStudio Coastで一足先にEWFライブを堪能してきたわたくし。
A席なのに、昨日のスタンディングよりも、かなりステージまでの距離は遠い・・・

新木場ライブと同様にステージバックには大きなスクリーンがあり、
曲に合わせて、カラフルなVJが展開されます。

IMG_3345.JPG

進行もセットリストもほとんど前日と同じなのですが・・・
若干曲数が減少してはいた。

IMG_3351.JPG

でも同じ流れでも、めっちゃ興奮してしまのがファンのサガ。
しかも、今回はプロ機材でなければ撮影OK!という嬉しい環境!
もっと、記録さえてもらえばよかったわ。

IMG_3351.JPG IMG_3367.JPG

↧ この日EWFファンフレンドになったALENAさんが撮影して提供してくれたもの。

S__29401118.jpg S__29401128.jpg


ところが、フェスでしか聴けない貴重なパフォーマンスを本当にこの日オンリーで目撃することが出来たの。

それは、6曲目の”Serpentine Fire”が終了した後のこと。
Philip Baileyが、今回初の特別なパフォーマンスを行います!
そう言った後!

なんと、今回のフェスで、PLAYして会場を沸かせたベーシストのMarcus MillerがEWFと一緒に演奏することに・・・


ちなみにMISIAのライブの最終曲でも彼は参加していて、どんだけサービス精神が多いの!
と突っ込みを入れたくなるほどだけれど、

こんなレアなコラボに立ち会えたのはラッキーですよね。

以前Verdin Whiteと Mo Pleasureが行っていたような向き合ってのベースアドリブ対決みたい。
低音で響いてくる音が、どちらも負けておらず、聴きごたえ200点満点!

そのミラクルなコラボが終了した後には、マーカスは退場したのかと思っていたのだけれど、その後ずっと、一緒にPLAYしていたみたい。

A席からは遠すぎて、よくわからないの。

すごくないですか?


@ Power,Africano,Faces

A Boggie Wonderland

B Sing A Song

C Shining Star

D Saturday Knight / On Your Face

E Serpentine Fire

F Base battle by Verdine White & Macus Miller

G Kalimba Tree

H Evil

I That's The Way Of The World

J SunGodness

K After The Love Is Gone

L Reasons

M September

(アンコール)

N Let's Groove

O In The Stone



ほぼ前日と同じ流れのEWFライブですが、めっちゃ興奮致しました!
楽しかった・・・

今でもその先に演奏された曲が頭の中でエンドレスにリフレインしておりますの。

Greatest Hits
Greatest Hits

アース・ウィンド&ファイヤーが好き!インデックスへ。

posted by Kaolu E at 02:45| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE REPORT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

Earth,Wind & Fire @ Studio Coast

Earth,Wind & Fire @ Studio Coast

EWF.JPG

久しぶりの鳥肌体験は、やはり大好きなアーティストの発する♪でした。

待ちに待ったEarth,Wind & Fire のライブが金曜日、新木場のStudio Coastで開催されたの。
新木場に、こんなお洒落なライブハウスが存在しているなんて存じ上げなかったの。

ただ、このライブ、開催の告知が行われたのが,翌日横浜で開催されるブルーノートのジャズフェスティバルニュースリリースの随分後。
EWFやGEORGE BENSONを目玉のアーティストとして迎えたミュージックフェスね。

こちらの方は既に申込み済だったのですが、ファンにとっては単独ライブは、やはりミス出来ないわけで・・・
こちらも予約して、参加致しました。

今回この場所のライブは僅かなVIP席を除いてはオールスタンディング。

お値段もそんなに高くはなかったので、以前EWFについてもやりとりをしていた私のお気に入りのシンガーフレンドの1人貴美ちゃんをお誘いすることにした。

EWFファン仲間で以前アル・マッケイオールスターズライブにご一緒した加奈子ちゃんも参加するのは知っていたけれど、仕事終了後に会場に向かうわたくしはギリギリタイミングになりそうなので加奈子ちゃんとはライブ後にTOGETHERすることにして貴美ちゃんと改札前で待ち合わせ。

だって早く入場した方がステージ近くの立ち位置をキープできますものね。
貴美ちゃんと駅から徒歩7分ほどのライブ会場へと向かったのです。



到着したのはLIVE開始時間の19時から20分程前。
中に入ると、それはもう人が溢れているわけで、入場の際の義務
500円のドリンクチケットでの交換は後にすることにしてフロアにイン致しました。

天井には大きなミラーボールと、近未来的なオブジェ。
わたくしの大好きなムードです。
ただフロアにオーディエンスが溢れているので、めっちゃ暑いのですが・・・

わたしたちの前には背の高いPEOPLEが多かったので,わたくしより背が低い貴美ちゃんの見やすい位置を探りながら開演を待ちます。

すごい数の人だけれど、予想よりステージまでの距離はディスタンスではなく、舞台上のメンバーの認識はしっかりと出来そう。

照明がDIM。
遂にメンバーが登場すると会場の熱気は一気に5度アップ。

まずはバンドメンバーがステージに登場。
ポージングしながら、静止。
その絵画の中にオリジナルメンバーの3人が登場!
クールでドラマティックなOPENNINGはEWFらしくて、ワクワク感も急上昇!

わたくしにとってはメンバーは見慣れた方ばかりなのですが、1人だけ初見の方が・・・

白人のギタリスト、Serg Dimitrijevic

わたくしとしたことが・・・この新メンバーの方ノーチェックでした。
ということは以前にもそんな時期があったのだけれどツインギターなのね!


では、ここでメンバーをおさらい。

Philip Bailey / Leadvocal,Percussion
Verdine White / Bass
Ralph Johnson/ Vocal,Percussion

ここまでがオリジナルメンバー。
でも実際にはワーナーからデビューした際に在籍していたのはVerdineだけなんですけどね。

Morris O'Connor/ Vocal,Gutar
B David Whitworth/ Vocal,Percussion
John Paris/ Vocal,Drums
Serg Dimitrijevic/ Gutar
Myron McKinley/ Keyboard
Bobby Burns Jr/ Trumpet
Gary Bias/ Sax
Reggie Young/ Trombone

ステージの背景には大きなスクリーンがあって、曲ごとに、スータブルな映像がリンクするの。

直接耳にするEWFのサウンド。
いきなり鳥肌がスタンドしてしまいました!

@ Power,Afuricano,Faces
かなり長めのインストオープニングですが、そのつなぎ方、アレンジが、めっちゃクール!

➁ Boggie Wonderland
間奏部分でテクノっぽいサウンドを取り入れた、私には初耳のバージョン。
途中で”Fallin In Love With Me"のフレーズが挿入されているのも感涙ものです。

B Jupitar
C Yearnin' Learning
D Sing A Song

もちろんPhilip Baileyがボーカルのセンターなのだけれど、
B DaividやPhilip Bailey Jrもリードを取るパートがあったりして新鮮でした。

E Shining Star
F Saturday Knight / On Your Face

ステージ後ろのVJでは、イメージループがリンクすることが多いのだけれど、
時々映し出されるEWFの若い頃の画像。
そして大きく投影された今は亡きMaurice Whiteのお姿は、
やはりファンにとっては、うるうるっせるものがあるのです。

こんな形でMauriceもステージに参加しているの。

GSun Godness
H Kalimba Story
I Evil
J That's The Way Of The World

最近のライブではお馴染みになったオープニングの
Wowowow,yeah,Wowowow,yeah,
やはり、このフレーズはMauriceの笑顔が自然と脳内のスクリーンに投影される。

K After The Love Is Gone
L Reasons

後半ものすごい長いハイトーンを聞かせてくれるPhilip。
そう言えば、メンバー紹介の際にRalphがPhilip紹介の際に例えていた。

50年もののワインのようにどんどん彼のボーカルは円熟味を増すって。

M September
やっぱり、この辺の曲がPLAYされると盛り上がりますね!
コアなファンの私は、もっと新しい曲を生で聴きたいのですが・・・

N Let's Groove

暑い・・・
観客のそれぞれが体を動かし、興奮しているからね。
ここで、ライブは終了!

だけれど、もちろんアンコールのための拍手は鳴りやみません。
再び舞台に登場したメンバーたち。

さらに2曲を披露してくれた。

O Fantasy
P In The Stone

わたくし既に放心状態です。
EWFの音楽を同じ空間で体感すると
確実に脳内の何かがリセットされる感じがするのね!


本当に本当に素敵なライブだった。

ちなみにライブ終了後に加奈子ちゃんと合流。
加奈子ちゃんがいた場所でお話する機会があったあいさん親子を紹介して頂いたの。

たかみ―、加奈子ちゃんとわたくしの3人で、軽くお食事をと思ったのですが
新木場では入店が出来ず、八丁堀に移動して、余韻をシェアし合ったの。

0916新木場.JPG

アース・ウィンド&ファイヤーが好き!インデックスへ。









アース・ウィンド&ファイヤーが好き!インデックスへ。
posted by Kaolu E at 03:47| Comment(2) | TrackBack(0) | LIVE REPORT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月28日

EWF ライブレポート

EARTH,WIND&FIREの関連ライブのご報告です!
(記事自体は違うブログにありますがお許しを・・・)

★ EARTH,WIND&FIRE  2006年1月

★ AL MCKAY ALL STARS 2008年 3月

★ EARTH,WIND&FIRE 2009年12月

★ Philip Bailey Live at Blue Note 2010年11月

★ Al McKay All Stars at Tokyo Bilboard Live 2010年12月

★ Al McKay All Stars at Tokyo Bilboard Live
2011年09月

★ David Foster & Friendsat 国際フォーラム 2011年10月

★ アル・マッケイオールスターズ@ビルボード東京2012年12月

★ Ramsey Lewis With Philip Bailey@Blue Note Tokyo 2013年2月

★ Earth,Wind&Fire@Summer Sonic 2013年8月

★ Al McKay All Stars at 東京ビルボード2014

★ Earth,Wind & Fire @ Studio Coast

★ Earth,Wind & Fire @ Blue Note Jazz Festival


アース・ウィンド&ファイヤーが好き!インデックスへ。


Kaoluのあるある大日記!サイトマップをCHECK?





posted by Kaolu E at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE REPORT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
EWFがsitemap.xml

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。