EARTH, WIND & FIRE MEMBERS ARE......

Maurice White, ,Philip Bailey、 Verdine White,
Ralph Johnson,Seldon Reynolds, Robert Brookins,
David Whitworth, Larry Dunn, Roland Bautisuta,
Ronnie Laws, Al Mckay, Johnny Graham, Andrew Woolfolk,
Jessica Gleaves, Sherry Scott,Fred White,
Louis Satterfield, Don Myrick, Sonny Emory,
Rahmlee Michael Davies, Freddie Ravel, David Romeo,      Paul Minor, Morris Plesure, Mike McKnight,
Gordon Campbell, Ray Brown, Gary Bias,ReggieYoung,    John Paris, Myron McKinley, Bobby Gonzales,
Greg Moore, Vadim Zilberstein, Bobby Burns Jr,
  Wade Flemons, Krystal Bailey, Kimberly Johnson,
    Don Whitehead, Michael Beal, Leslie Dayton,
Alex Thomas, Chester Washington, Yakov Ben Israel,
  Michael Harris, Elmar Brown,Daniel de los Reyes,
   Devoted Spirits, Urban Knights, Audio Cavia、
        The Salty Peppers

    EWFやメンバーたちの活動について紹介!
      

2016年04月03日

FUNKY WONDERLAND

Funky Wonderland / Earth, Wind & Fire (2008)

FunkyWondeland.JPG

→ http://kaolianmarket.com/k/z3vkykq

2008年Chiliで行われたEarth,Wind & Fireライブ映像を収めたDVD。
少し前のLIVEなので、メンバーも今とは若干違って懐かしいお顔も・・・

Kim Johnsonが参加していたのが、なんだか新鮮でしたわ。
やはり女性メンバーがいると、なんだか華やかな印象を受けるのは、わたくしだけじゃないですよね?

Philip Baileyが中心となったライブパフォーマンスだけど・・・
B David Witworthも大活躍!

ただカメラはオリジナルメンバーの3人ばかりを追いかけているのが・・・
全てのEWFメンバーが大好きなわたくしには少し不満なのですけれどね。

ファンならずとも耳にしたことがあるであろうヒット曲のオンパレード。

数百回はLISTENしているであろう、これらの曲だけれど、まるで飽きることがないのはアレンジによるところも大きいのでは?

曲をつなぐ間奏だったり、メンバー紹介の際のソロプレイが、これまたかっこいいのよね!

深夜に見始めて途中で寝ようと思ったのに最後までぶっ通しで鑑賞してしまいました。
そして、今後定期的に鑑賞することになるであろう大切な1枚になったのです。

1 Opening
2 Boogie Wonderland
3 Singasong
4 Shining Star
5 Sun Goddess
6 Serpentine Fire
7 Kalimba Story
8 Evil
9 Brazilian Rhyme
10 After The Love Has Gone
11 Reasons
12 In The Stone
13 Got To Get You Into My Life
14 Fantasy
15 September
16 Let's Groove

FunkyWondeland2.JPG


アース・ウィンド&ファイヤーが好き!インデックスへ。
posted by Kaolu E at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE ALUBUM OF EARTH,WIND&FIRE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月19日

Sol to Soul

Sol to Soul/ Freddie Ravel(1999)

Sol to Soul
Sol to Soul

OOPS!
わたくし、Earth,Wind & Fireファンにとっては、
とっても重要なアルバムを,いくつか紹介し忘れておりました。
てっきり随分前に投稿済と思っていたのですが・・・
少しずつ、アップしていきます。

今回は以前キーボーディスト、ライターとしてEartth,Wind & Fireのメンバーだったフレディー・ラベルのソロアルバム。
1999年にMacurice White
Executive Producerとして迎えた”Sol To Soul"

ほとんどが彼の作曲による楽曲で、とってもムーディーかつファンキー。
(ErotikaはMaurice Whiteとの共作)

Maurice Whiteのコーラスもたっぷり堪能できます!
ちなみにこのアルバムはDTSアルバムという形式でもリリースされて
わたくしが最初に購入したのは、こちら。

Sol to Soul
Sol to Soul

通常のCDプレイヤーでもパソコンでも再生不可で通常のCDを追って購入。
DVDプレイヤーで上記のDTSアルバムは、高音質なサウンドで後にLISTEN出来ることを知ったのです。

これはファンには絶対聴き逃せないわよ!
Maurice WhiteのVOCAL、やっぱり痺れる・・・
もちろんFreddie Ravelのキーボードも。

Verdine Whiteも参加しています。
Produced by Maurice White/ @、B、D、J、K、L
Vocals on @,Cby Maurice White
Bass on E by Verdine White

Freddie.JPG

 1 Sol to Soul
(Freddie Ravel)

2 Havana Nights
(Freddie Ravel)

 3 We Belong Together
(Sami McKinney / Freddie Ravel )

 4 Erotika
(Freddie Ravel / Maurice White)

 5 A Perfect Day
(Freddie Ravel )

  6 Quedate Conmigo
(Luis Enrique / Freddie Ravel)

 7 Sailaway (Navegando Sin Rumbo)
(Freddie Ravel)

 8 Slip in the Gap
(Freddie Ravel / Anjani Thomas / Verdine White )

 9 Dance for the Sol
(Freddie Ravel)

 10 Over You
(Freddie Ravel / Anjani Thomas)

 11 Mambozique
(Freddie Ravel)

 12 Passion Dance
(Freddie Ravel)

13 In a Sentimental Mood
(Duke Ellington / Manny Kurtz / Irving Mills)

下記はFreddie RavelがLa Quinta Resortでのライブ映像。
※もちろんMaurice Whiteは出演しておりませんが・・・



アース・ウィンド&ファイヤーが好き!インデックスへ。

posted by Kaolu E at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE ALUBUM OF EARTH,WIND&FIRE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月13日

Electric Universe (Expanded Edition)

Electric Universe (Expanded Edition) (2015)



実質的には、このアルバムがMaurice Whiteの遺作と言えるのかもしれない。

1983年にリリースされた”Electric Universe"がトラック数を大きく加えて去年再発売されました。
Mauriceは単なる過去のリパッケージではなく、現在の若い人々に届くアルバムとして発売を意図したそう。

エレクトリックな音響を大規模に取り入れながらも、Andlew Wolfolkのホーンは残した試験的なアルバムだった気が致しますが、わたくしはこのアルバムも大好き!

今回のExpanded Editionには8曲もトラックが追加されております。

オリジナルが8曲なので倍のコンテンツ。

DSC_1522.JPG

アルバムの目玉曲である”Magnetic"のDifferent Versionが3種類。

さらに嬉しいのが初公開の音源が5曲も。
12,13はアルバム収録曲のデモバージョン。
特に”Were Living in Our Own Time”/
耳に馴染んだ高音のコーラス部分が低音だったのには驚きました。

さらに最後の3曲は、このアルバムで初公開された貴重な曲たち。
3曲ともMaurice Whiteによる作詞作曲。

14. Heres to Love (Instrumental) (Previously Unreleased)

Popだけれど進行が高度な実験的なインストルメンタル曲。

15. Club Foot (Previously Unreleased)

Love is the blessing! 
Mauriceの伸びやかな声がエキサイティングなファンキーな楽曲。
後半スキャットで展開されるハーモニーがEWFらしくて素敵!!!

16. Milky Way (Previously Unreleased)

Philip Baileyがリードの美しいメロディーの楽曲。



1. Magnetic
2. Touch
3. Moonwalk
4. Could It Be Right
5. Spirit Of A New World
6. Sweet Sassy Lady
7. We re Living In Our Own Time
8. Electric Nation
9. Magnetic (Extended Dance Remix)
10. Magnetic (Instrumental)
11. Magnetic (7 Inch Version)
12. Spirit of a New World (Demo Version) (Previously Unreleased)
13. El Solitario (Were Living in Our Own Time Demo Version) (Previously Unreleased)
14. Heres to Love (Instrumental) (Previously Unreleased)
15. Club Foot (Previously Unreleased)
16. Milky Way (Previously Unreleased)

アース・ウィンド&ファイヤーが好き!インデックスへ。

2016年02月06日

Thank you, Maurice!

心の中にぽっかりと穴が開いたよう・・・
EWFファン仲間のヒロの表現がまさに、わたしの心情にもぴったりだった。

このブログに頂いたコメントで知ったMaurice Whiteの死。

最初は信じられなかったけれど・・・いや信じたくなかったけれど・・・
確かにモーリスは天国に旅立ったようだ。
長い間パーキンソン病に苦しめられてきたMaurice.

楽になれたのかもしれない。
最近はモーリスのアクティビティーを目にする機会はほとんどなかったけれど・・・
EWFの後ろにはモーリスがいる。

DSC_1541.JPG

その存在が大きかったの。
そして、その彼がいなくなった。

この喪失感はしばらく私の中で回復することはなさそう。

だけどメンバーが伝えた彼の最後。

Our brother Maurice White passed peacefully in his sleep this morning. The light is he, shining on you and me.


安らかに次のステップに移動していったモーリス・・・
違うレベルの世界でも、大きな愛を広げてくれるんじゃないかとも思う。

DSC_1542.JPG

モーリスが、いつもモットーにしていたPEACE。
その一番大事なものに根差した様々なメッセージ、それらは、今後も永遠に存続されるんじゃないかな?
I need you, これからも。
そして、ありがとう、モーリス。




→ モーリス・ホワイト参加アルバム

DSC_1545.JPG

アース・ウィンド&ファイヤーが好き!インデックスへ。


posted by Kaolu E at 01:54| Comment(4) | TrackBack(0) | LIVE ALUBUM OF EARTH,WIND&FIRE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月11日

Rehearsal Space: Myron McKinley

Earth, Wind & Fire のキーボーディスとでありmusical director でもあるMyron McKinley がアップしたリハーサル動画。

20008年にアップされた動画にようだけれど、まるで見逃しておりました。

WS000000.JPG

Myron が語る音楽、そしてEWF・・・
ファンには必見のビデオですわよ。



いつもライブではだぼっとしたカジュアルな服装を着用している彼だけど、ちゃんとお顔がはっきり見える方がいいのに・・・と思うのはあたしだけなのでしょか?
彼の声も素敵だわぁ・・・

Myron McKinley Trioなど他のグループでも活動している彼・・・
おっかけなくちゃです。

ベリー・ベスト・オブ・EW&F(期間生産限定盤) フォーエヴァー(初回生産限定盤)

アース・ウィンド&ファイヤーが好き!インデックスへ。

2015年12月25日

December Earth, Wind & Fire Feat. Tyler Ward

Earth, Wind & Fireのクリスマスアルバム”Holiday”に
この曲が収録されているのを聴いたときは随分と期待外れだったけれど・・・
だって、名曲”September"をアレンジするとどんなクールな曲が出来上がっているの?
と期待していたから・・・
でも歌詞をDecemberに変えただけの替え歌。
でも、そもそも何度LISTENしても心が躍る素敵な曲・・・
そのパフォーマンスは目も耳も離せません。

そんなに楽しい歌詞ではないはずなんだけどね・・・

ユーチューブでゴージャスな”December”パフォーマンスビデオを見つけました。

“December (September)” Earth, Wind & Fire (Feat. Tyler Ward) - LIVE

その甘い歌声で人気急上昇のアーティストTyler Wardをフューチャ――しての楽しいコラボレーション。

hqdefault.jpg

どうせならアルバムで、このコラボを実現すればよかったのに・・・
とも思ったり・・・




The Classic Christmas Album
The Classic Christmas Album
Honestly
Honestly

アース・ウィンド&ファイヤーが好き!インデックスへ。


2015年12月24日

33rd Annual Christmas In Washington

National Building Museumで開催された33rd Annual Christmas でのEarth,Wind & Fireの動画。
ユーチューブで発見致しました!

WS000003.JPG

去年リリースした初のクリスマスアルバム”Holiday"に、このシーズンにぴったりのレアな5曲をプラスしたアルバムを今年リリースしたEWF。

The Classic Christmas Album
The Classic Christmas Album


しかし、これらの公式ミュージックビデオは、どれもEWFのメンバーが出演していないクリスマスイメージを
繋ぎ合わせたもの。

なので、彼らが、これらのクリスマスソングを歌っている姿を、わたくしは今まで見たことがなかったの。
これはEXCITEDしました!

披露されているのは、このアルバムの中でも一番わたくしがお気に入りの”Winter Wonderland"
これがかっこいいのよね。
そしてメドレー形式で続くのがアルバム用に名曲”September"の歌詞を若干変更しただけの”December"

後者はどうかとも思うけれど・・・
Winter Wonderland!最高です!




アース・ウィンド&ファイヤーが好き!インデックスへ。

2015年12月23日

Target Christmas ad with Earth, Wind & Fire

去年のクリスマスのEWF記事をアップする際に、ユーチューブを眺めていたら、
2005年にEarth,Wind & FireがCM音楽を担当したアメリカンビッグスーパー、ターゲットのCM映像を見つけたの。

懐かしかったので、ここで、その5本をまとめてご紹介するね!
ちなみに、このキャンペーンのために作られた"Sing A Song"にそっくりな曲、
”Gether Around"は Sounds of the Seasonというアルバムに収録されております。
Sounds of the Season記事


Target Christmas ad 1 The Gathering Earth Wind and Fire 2005



Target Christmas ad 2 The Open House Earth Wind & Fire 2005



Target Christmas ad 3 The Lighting Earth Wind & Fire 2005



Target Christmas ad 4 The Race Earth Wind & Fire 2005



Target Christmas ad 5 The Celebration Earth Wind & Fire 2005




アース・ウィンド&ファイヤーが好き!インデックスへ。

2015年12月19日

Keep Your Head to the Sky

I can hardly wait to read this!
Philip Baileyに続いてMaurice Whiteも書籍をリリースするのね。

タイトルは”Keep Your Head to the Sky 〜My Life With Earth, Wind & Fire~

Maurice White.jpg

発売予定は来年の6月。
って、もう予約を受け付けているなんて早すぎる気がしないでもないですが・・・

今度はMauriceの視点からEWFが語られ、そしてベールに包まれた部分もある彼のLIFEが明らかにされるのでしょう。

もちろん、わたくし予約済です。

Keep Your Head to the Sky
Keep Your Head to the Sky


アース・ウィンド&ファイヤーが好き!インデックスへ。
posted by Kaolu E at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | MAURICE WHITE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月05日

Let's Groove Live 2015

ユーチューブを検索していたら、Earth,Wind & Fireの名曲”Let's Groove”の今年のツアー映像を見つけたの。

何回聴いても輝きを失わない、いつもハートにアファーマティブなビートを取り戻してくれる曲。

ライブではアレンジが変化したりアドリブが挿入されたりと、毎回新鮮に聴かせてくれますよね?
でも、この動画はかなり私にはインパクトがあったのです。
最初のリードをPhilip Baileyではなく、彼の息子のPhilip Doron Bailey

違和感なく、しっかりとセンターを務めております。
だけど、やはり実力派であるB David B Wihtworthの方が以前からグループに在籍しているのに、
DoronばかりがPUSHされているのは、なんだか不公平な気がするのは、あたしだけ?



& Earth Wind & Fire [DVD]
& Earth Wind & Fire [DVD]

アース・ウィンド&ファイヤーが好き!インデックスへ。

EWFがsitemap.xml