EARTH, WIND & FIRE MEMBERS ARE......

Maurice White, ,Philip Bailey、 Verdine White,
Ralph Johnson,Seldon Reynolds, Robert Brookins,
David Whitworth, Larry Dunn, Roland Bautisuta,
Ronnie Laws, Al Mckay, Johnny Graham, Andrew Woolfolk,
Jessica Gleaves, Sherry Scott,Fred White,
Louis Satterfield, Don Myrick, Sonny Emory,
Rahmlee Michael Davies, Freddie Ravel, David Romeo,      Paul Minor, Morris Plesure, Mike McKnight,
Gordon Campbell, Ray Brown, Gary Bias,ReggieYoung,    John Paris, Myron McKinley, Bobby Gonzales,
Greg Moore, Vadim Zilberstein, Bobby Burns Jr,
  Wade Flemons, Krystal Bailey, Kimberly Johnson,
    Don Whitehead, Michael Beal, Leslie Dayton,
Alex Thomas, Chester Washington, Yakov Ben Israel,
  Michael Harris, Elmar Brown,Daniel de los Reyes,
   Devoted Spirits, Urban Knights, Audio Cavia、
        The Salty Peppers

    EWFやメンバーたちの活動について紹介!
      

2015年08月05日

Songs 4 Worship Soul

Songs 4 Worship Soul (2009)



オフィシャル Earth, Wind & Fire ファンクラブを見てて早速ビッグな情報をGETしたよ!

Kimさんがくれたコメントを見た方はもうご存じだろうけど・・・

それはMaurice Whiteが参加したアルバムが発売されるということ!


そしてやっと手元に届いたよ!わーい(嬉しい顔)

モーリスの他にもPeabo BrysonDeniece Williams Howard HewettFreddie Jackson など俺の大好きなアーティストがたくさん参加するアルバム。

とにかくゴージャス!
いろんな楽曲がいろんなスターの個性とともにつまったアルバム。

そして気になるモーリス・ホワイトの曲だけど・・・
Maurice White, Preston Glass, Steve Birchの3人による作。

とびきり明るくてすぐに口つさみたくなる歌です!
Maurice Whiteの伸びやかなボーカルが嬉しい。




1 Days of Elijah / Melba Moore
2 Oh, Happy Day / Teddy Pendergrass
3 Total Praise / Peabo Bryson and Regina Belle
4 Heaven Help Us All / Jody Watley
5 My Tribute / Freddie Jackson and Melba Moore
6 Glory to Glory to Glory / Deniece Williams
7 Shout to the Lord / Peabo Bryson
8 Holding on to You, Lord / Ruben Studdard
9 My Redeemer / Howard Hewett
10 You're Gonna Make It / Brian McKnight
11 Open My Heart / Evelyn "Champagne" King
12 Young Hearts / Maurice White
13 Grateful / Regina Belle
14 God Is Amazing / Freddie Jackson



VISIT EWF AMAZON STORE! (JAPAN)

アース・ウィンド&ファイヤーが好き!インデックスへ。

posted by Kaolu E at 01:32| Comment(4) | TrackBack(0) | Maurice White 参加アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月30日

ADVENTURE

ADVENTURE/ELEANOR ACADEMIA (1987)




Maurice WhiteAl McKayが参加したアルバム。
ELEANOR ACADEMIAはハワイ生まれのLA育ちの彼女は両親がフィリピン人。
アジア系のエキゾチックな音がこのアルバムにもスパイスを与えていてそれがまた魅力になっています。

ほとんどの楽器を彼女自身が演奏し、ボーカルも自然に耳を通して体の中に入り込んでくるような魅力的な音質です。

当初彼女のデモテープを聴いてMauriceやAl、またニューヨークのマンハッタンレコードが強い興味を示したそう。

結局リリースされたのは日本のEpicソニーから。
彼女のセルフプロデュース能力に重きを置いた日本の申し込みが上手く作用したらしい。
Maurice Whiteは3曲バックグラウンドボーカルで参加。
Mauriceの高音が素晴らしく曲を引き立てています!
Al McKayはMaurice参加の2曲ギターで参加。

Better Safe Than Sorry
I'm Human
One Dot World

Mauriceの声もAlのギターも存分に楽しめるお得な1枚!
このアルバムわたしは大好きです!



アース・ウィンド&ファイヤーが好き!インデックスへ。
posted by Kaolu E at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | EARTH,WIND&FIRE参加アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月26日

THE WONDERS OF HIS LOVE

THE WONDERS OF HIS LOVE / Philip Bailey (1984)



GODの存在の大きさをPhilip Baileyが、より強く意識した際には涙が溢れて止まらかなかったんだそう。
既にEarth,Wind & Fireの活動から一旦離れてソロとして活躍していたPhilipは
別レーベルでゴスペルアルバムをリリースすることを決心。

わたくし、ゴスペルって、ホーリーで重厚だと認識していたのですが、
Philip Baileyのこのゴスペルアルバムは、
よりPOPで、より多くにHE = GODのメッセージを広めることに随分貢献したのではないかと推測するのです。

The Wonders Of His Love.JPG

よくよくクレジットを確認するとEWFい関連の深いメンバーやソングライターが集結。
ゴスペルを、より身近なものにしてくれた、すごい歴史的なアルバム。
ちなみにEWFファミリーのpercussionのPaulinho Da CostaとVacalistのCarl Carwellはほぼ全ての楽曲に参加!
EWFファンならずも、当時、こんなゴージャスなゴスペルを聴いたことはいないのでは?



@ I Will No Wise Than Cast You Out
(Philip Bailey, Skip Scarborugh& Tony Haynes)

※ Don Myrick is featured at Sax

A I Want Yo Know You
(Pilip Bailey, George Duke)

※ Andrew Woolfolk is featured at Sax

B God Is Love
(Lenard Caston)

※ Ralph Johnson is featured at Percussion

C Sing A New Song
(Jerry Peters, Anesther Davis)

D Safe In God's Love
(Lenard Caston)

E I Am Gold
(Pilip Bailey, Terri McFaddin,Jerry Peters)

F He Don't Lie
(Skip Scarborough)

※ Ralph Johnson is featured at Percussion

G The Wonders Of His Love
(Terri McFaddin,Philip Bailey, Eduardo del Barrio)

※ Ramlee Michale Davis is featured at Trumpet

H Make Us One
(Terri McFaddin,Philip Bailey, Eduardo del BarriJerri Peters)


何度も何度もLISTENしても、全く色あせないアルバムです!


アース・ウィンド&ファイヤーが好き!インデックスへ。



posted by Kaolu E at 01:54| Comment(1) | TrackBack(0) | PHILIP BAILEY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月20日

THE YELLOW ALUBUM

THE YELLOW ALUBUM / The Simpsons (1998)

Yellow Album
Yellow Album

アメリカのFOXテレビで、1989年の放送開始から500話以上が放映されているアメリカアニメ史上最長寿番組 The Simpsons

番組自体は俺は目撃したことがないけれど、シンプソンズのお顔とお名前は存じ上げております。
そんなTVサウンドトラックはかなりのゴージャスアーティストが参加しておるぞ。
Earth,Wind&Fireのメンバー B David Whitworthの参加作品をネットでチェックした際に見つけたアルバムがこちらでございます。

EWFの日本ライブのバックステージでDavid直々に教えてもらった参加作品が
"The Body Guard"にも収録されている”It's Gonna Be A Lovely Day!"だったのだけれど、
そんなC+C Music Factoryが数曲をこのシンプソン・アルバムのために曲を提供!
そんな中の1曲のクレジットにBack ground VocalでB David Whitworthの名前を見つけたのよ。
6曲目の”I Just Can't Help Myself"
(By D Ramos & David Cole)

リードボーカルはシンプソンファミリーのBart とLisaなので
正直ボディーガードの時のようにDavidの声はラウダーではないのだけれど、
耳をすませると彼の誠実で伸びのあるボーカルが確認できる。

ファンキーでクールなC&Cらしい素敵な楽曲だよ
俺はC+C Music Factoryも大好きだったのだけれど、
C+Cってアルバムのたびにいろいろな魅力的なヴォーカリストをフューチャーしいており・・・
そんなリードの中にB David Whitworthも大きな文字でカウントしてほしかったわぁ!
と思うわたくしでございますの。

1. Love?
2. Sisters Are Doin' It For Themselves
3. Funny How Time Slips Away
4. Twenty-Four Hours A Day
5. The Ten Commandments Of Bart
6. I Just Can't Help Myself
7. She's Comin' Out Swingin'
8. Anyone Else
9. Every Summer With You
10. Hail To Thee, Kamp Krusty



アース・ウィンド&ファイヤーが好き!インデックスへ。
posted by Kaolu E at 17:43| Comment(4) | TrackBack(0) | B DAVID WHITWORTH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Sounds Of The Season

★ Sounds Of The Season
もうすぐクリスマス。
街の木々の枝にイルミネーションの光が輝き、天使たちが微笑みの矢を放つ。
君は今どこにいるんだろう?君もどこかで こんな輝きを見つめているんだろうか?
その瞳にはきらめきは宿っているのだろうか?
(特に意味はありません)





豪華アーティストのオリジナル・ソングやスタンダードなクリスマス・キャロルが収録されているゴージャスなアルバム。
Rod Stewart(なんと歌は”Sound of Music”の”My Fovorite Things”=一瞬クリスマスソングかと思ったぞ)、Ray Charles,Seal, Amy Grant, などなど そして極め付きは E W F !
この中にEarth,Wind & Fireの”Gether Around”って曲がはいってるんだ。


もともとは”Illumination” のコレクターズ・エディションというのに収録されてる曲なんだけどこのCD入手困難。散々探したんだけどね。
アメリカのスーパーTargetのSP(セールスプロモション)ソングらしいのだ。

マイミク(MIXI上のともだち)に見つけたよってURLを教えてもらった。

REVIEWをみると確かに最後の12曲めにのこの曲のタイトルが・・・・・・・・・ある・・・・・・ぞ!
もちろん即購入。数日前に待ってっました!到着!やったー〔祭〕わいわい。
会いたかったよーこの曲!うるうるぽろぽろ鼻水ずるずる。

さっそく12曲目から聴いてみる。
久々のDavid FosterMaurice Whiteの共作。
クリスマス・アルバムってのもあって静かな美しい旋律を予想してたんだけど、ノリノリの気分を高揚させてくれる楽しい曲調。
確かに静かな曲が流れてても店に誘導できないもんな・・・ うん。
2005年度版”SING A SONG”!!!
そう、どんなメロディーかというと、サビがまんま”Sing A Song"。なんだ。
Sing A Song のところをGether Round に代えて歌うと大体同じ歌になる。雰囲気は大分違うけど。

”Illumination”の”To Tou feat.Brian Mcknight”も”Love's Holiday"にそっくりだけど、それよりも更に新曲そっくりさん。

多分クライアントから”Sing A Song"みたいな曲をと強い要望があったんだろうな。
(でも作者のところにAl Mckayもいれるべきだろう これは・・・)

でもMauriceとPhilipの声が両方ともずっと、前面に出てて聴いてて気持ちよい. リードボーカルがずっと2人ってのはEWFの中でさえ多くはない。

で、Philipは高音で歌ってるから、2人の声は美しいハーモニーを奏ではするものの、一体化した合唱にはならないんだ。

この二人の声のソロがずっと同時に聴けるというのはそれだけで、にやけてくる。

Sing a song♪(Gether round) のモチーフの後ろを装飾するオブリのハーモニーも派手で絶妙な音の流れ!
EWFっぽい音!HORN ! アレンジ!ムード!So Amazing!
もちろん ”Sing A Song”のそっくりさんでも大好きな曲です!

Better Days / Goo Goo Dools
Silver Bells / Gavin DeGraw
New York Christmas / Rob Thomas
My Fovorite Things / Rod Stewart
Mistletoe & Holly / Leigh Nash
Santa Claus Is Coming To Town / Ray Charles
Let It Snow / Michael Buble
Make Somebody Happy / Seal
Winter Wonderland / Jason Marz
A Christmas To Remember / Amy Grant
Have Your Self A Little Marry Christmas / Jimmy Sommers feat. Christ Bottie
Gather Round / Earth,Wind & Fire


アース・ウィンド&ファイヤーが好き!インデックスへ。
posted by Kaolu E at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | EARTH,WIND&FIRE参加アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月12日

Trimph

Trimph / Philip Bailey (1986)

Trumph.JPG

Triumph
Triumph

Philip Baileyがソロとしてリリースしたゴスペルアルバム第2弾がこちら。
前作の”THE WONDERS OF HIS LOVE”よりも先に、このアルバムを購入した私は、
本当に痺れてしまいました。

Earth, Wind & Fireもスピリッチャルなメッセージを伝えている
コンセプトが魅力の大きなエッセンスであるわけですが、

このアルバムに収録されている曲たちはゴスペルを聴かない人にとっても、
相当にファンキーでGIG出来るわけで・・・

PBのGODを唄ったPOP♪ソングスの数々に心から感動したわたくし。
特に最後に配列された "Come Before His Presence"
重厚な、このメッセージはと鳥肌がスタンド!

宗教とPOPを見事に融合した、歴史的なアルバムと言えるのでは?
とわたくし思っています。

ラストのゴスペルアルバム程はEWFメンバーは参加していませんが。。。
George DukeやGreg Phillinganes, Paul Jacksonなど豪華メンバーが集結!

EWFのAndrew Woolfolkは、7曲目"Bring It To Jesus" に参加しているわよ!

Trumph (2).JPG

1. All Soldiers
(Pat Leonard,Keithen Carter)
2. Thank You
(Bobby Nunn)
3. The Love Of God
(Oliver W Wells)
4. Marvelous
(George Duke,Philip Bailey)
5. The Same Way (You've Always Been)
(Lionel Butts)
6. The Other Side
(Pat Leonard,Keithen Carter)
7. Bring It To Jesus
(Bobby Bailey, Raymond Brown, Dheric Lee)
8. Triumph
(Jerry Peters)
9. Come Before His Presence
(Margaurite Ingram)

アース・ウィンド&ファイヤーが好き!インデックスへ。
posted by Kaolu E at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | PHILIP BAILEY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月22日

Happiness

2005年に、Earth, Wind & Fire がリリースしたアルバム
”Illumination"にはAKB48のように(?)数種類のVERSIONが存在していて、
わたくしは、そのアルバムにしか入っていない曲を・・・
と、このアルバムを4枚も所有しているの・・・

Ralph Johnson.JPG

Illumination
Illumination

だけど、この曲知らなかったわ・・・
ユーチューブで見つけたオーディオ。



説明のところには
Unreleased track from Illumination sessions.
とあるのだが、この投稿者の方、何物?

とにかくかっこいいわぁ〜
痺れるわ〜

わたくしのようなクレージーなファンのために全ての音楽をCDに入れてほしいものです。

アース・ウィンド&ファイヤーが好き!インデックスへ。



2015年02月15日

EARTH,WIND&FIREアルバム紹介’80

80年代に発表されたアルバムを・・・・・・


★ Faces1980

Faces
初の2枚組アルバム・・・全15曲。
”Let Me Talk"がシングルカットされたが、今で程のヒットではなく
・・・しかし俺はどれも素晴らしい曲だと思いますけどね・・・
タイトル曲の”Faces"は日本の盆踊りのようなモチーフがイントロを飾ってRaise!
ちょっと嬉しかったり。大作って感じが致します。

★ Raise!1981

ご存知スーパーヒットの”Let's Groove"を冒頭に始まるアルバム!
その後のLIVEでのエッセンス曲”Kalimba Tree"や”Wanna Be With You"を収録しています。当時の先端の音とHORNを融合させた見事な出来のアルバムです!

★ Powerlight1983

エレクトリック・ユニヴァース
”Fall In Love With Me"好きなんだなぁ〜。”Side By Side"もいいし、Miracles"も最高!
スピード感と落ち着きが同時に得られるエクスタシーな1枚。

★ Electric Universe1983

エレクトリック・ユニヴァース
実は日本のEWFファンの中ではあまり評判のいいアルバムではないのかもしれないけれど俺は大好き!より新しい音へというMauriceのイメージが過去のEWFファンの期待するものと多少相違していたからで質にはなんら問題はない!と俺は思っている。
今までにないELCTRICな曲調だけれどMauriceの声はそれにもしっかり同調している。
未来を感じさせただろうこのアルバム。美しいよ、絶対に。


★ Touch The World1987

タッチ・ザ・ワールド
このアルバムをつい買ってしまったがために落ちてしまった。
EWF CRAZYへのブラックホール。
俺が一番好きなアルバムです!
当時6年ぶりの新作。この10曲の全てがシュープリームな大人のための現代社会へのメッセージです。”System Of Survival"”Thinking Of You"”Evil Roy"を収録。
シングルカットはされていないけれど、4曲目の”You And I")は痺れます。Philipの声が全ての恋を知る人々をとろけさせる。
なぜかあんまり有名ではないけれど愛のSLOW TUNEの名曲!です!

★ The Best Of EW&F Vol.2 1988

ザ・ベスト・オブ・EW&F(2)
2枚目のベストアルバム。
今回は映画サントラである”Turn On"がアルバム未収録曲として登場。しかし前回は3曲未収録があったから、なんか・・・
”Let's Grrove"”Boggie Wonderland""Fantasy"など前回のベストアルバムに収録されなかったヒットのオンパレード!(といっても全
10曲ですが・・・・・・)


アース・ウィンド&ファイヤーが好き!インデックスへ。

2015年02月09日

EARTH,WIND&FIREアルバム紹介’2010〜2020

EARTH,WIND&FIRE
2010年以降にリリースしたオリジナルアルバムをご紹介!

★ Now Then & Forever 2013

Now Then & Forever
Now Then & Forever

待ちに待ったEWFの新作にはMaurice Whiteは参加せず。
Philip Baileyの色が強くなったアルバム。
やはり、ムードは変わりますわよね。
だけど、やっぱりかっこいいわぁ・・・
わたくしDance Floorがめっちゃ好きなの!


★ Holiday 2014

Holiday
Holiday

EWFキャリア初のクリスマスアルバム。
スタンダードなクリスマスソングをEWFっぽくアレンジして素敵に聴かせてくれます。
”雪やこんこん”が登場したのには驚いたわぁ・・・
”Winter Wonderland"はオリジナルをかなり変化させたダンサブルな曲!
シーズンが終わってもLISTENしております。

The Classic Christmas Album(2015)

Holidayにレアな5曲を追加したアルバムです。

Electric Universe (Expanded Edition) (2015)

オリジナルの倍のコンテンツ!
始めて耳にする曲が3曲も追加されています。


アース・ウィンド&ファイヤーが好き!インデックスへ。

posted by Kaolu E at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | EARTH,WIND&FIREアルバム紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月08日

EARTH,WIND&FIREアルバム紹介’90

★ Heritage1990

ヘリテッジ
Rapを取り入れた思わず体が動いてしまう1枚!
HammerやSly Stoneをゲストに今までのEWFサウンドとは少し違う感じ。”For The Love Of You""Wanna Be The Man"などのシングル曲を収録。


★ Millennium 1993

千年伝説

前作とはまたがらりと変わったEWFぽい音。
”Super Hiro"ではPrinceが参加。
わくわくするコラボだと思いません?


★ In The Name Of Love1997

In the Name of Love

1996年に日本のavexから発売されたアルバム”AVATAR"のインターナショナル版。
アヴェタ

曲順、曲数も違う上にそれぞれに収録していないトラックがあります。”When Love Goes Wrong"は”Avatar"には収録されていない”After The Love Has Gone"を彷彿とさせる美しいバラード。
一方”Avatar"の方には、”Change Your Mind"と”Take You To Heaven"の2曲がこのアルバムのみ。
”Love Is Life"はEWFのデビューアルバム”EARTH, WIND &FIRE"に収録されていた曲のリレコーディングです。
新生EWFを意識してあえてデビューアルバムの曲を選んだのではと俺は思っています。

このアルバムでSheldon ReynoldsがEWFのアルバムでは初めて何曲かリードボーカルを勤めています。


アース・ウィンド&ファイヤーが好き!インデックスへ。

EWFがsitemap.xml